長い袖丈のコットンジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め直し

長い袖丈のレコットンジャケットを短くリサイズしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

袖丈を短くするのに袖先から短くしていく方法と胴体のアームホールから縫い目を外して

袖のパーツの上の肩側の袖山からカットして短くしていく方法があります。

袖先から出来ないものは袖先にボタンが付いてるデザインのものは

ボタンホールが付いていて生地に穴が開いてますので袖先からは短く出来ません。

ファスナーの袖先のものはファスナーを上に移動させて短く出来ますが

ファスナー上にコインポケットがあったり切り返しの縫い目があるような場合は袖先からは袖丈は短く出来ません。

袖山から袖丈を短くする場合はラグランタイプのジャケットは出来ませんが、ある程度はだいたいは短く出来ます。

ただ、胴体のアームホールの縫いしろの関係で袖丈を短く出来る限界の長さが4~5㎝ぐらいに制限されます。

今回は5㎝以内だったんで袖山から袖丈を短くしていきます。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のコットンジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを胴体のアームホールの縫い目から外した後の写真です。

3枚目は袖山から短くしていく左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山から生地をカットして袖丈を短くしていく前の写真です。

5枚目は袖山から生地をカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地も表と同じ様い長さを短くしていきます。

7枚目は裏地の袖丈を短く生地をカットした後の写真です。

8枚目は9枚目との比較で袖丈を袖山から短くしていく前の写真です。

9枚目は袖丈を短くした後のコットンジャケットの写真です。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。