ベトジャン サイズ詰め直し

今回の台風も大きい台風ですねぇ!

台風は赤道付近の海面温度が高いとこで、気圧の差が出来て誕生して

北緯20度の海面温度が高いとこまでどんどん育ちます。

その後は海面温度が低くなるので、少しずつ弱くなっていきますが、

今回の台風はマリアナ海峡の南で誕生した時は1000hPaの台風か低気圧か

分からないぐらいでしたが、

マリアナ海峡からフィリピン方面に東から西にゆっくりあまり北上しないで横に移動したため

ピークは900hPaまで育ちました!!

こんな台風の勢力を保ったまま来たらアメリカのニューオーリンズを襲ったカトリーナ級です。

900hPaのときで瞬間最大風速が85m/sとなってましたんで、

時速に計算し直しますと時速306キロになります。

フェラーリかブガッティーの高級スポーツカーのボンネットの上に306キロで立たせてもらったら

えらいことになるのは想像できます。

綾瀬はるか主演の映画おっぱいバレーなら、どんなおっぱいのカップになるか分からない速度です。

ちなみの現時点(10月11日午前)の台風の勢力は935hPaで

瞬間最大風速が65m/s(時速234キロ)です。

さてさて、話が趣味の方にずれましたが、今回は、べトジャンのサイズ直しです。

福井県からの郵送のお客さんで見本になるジャケットがないそうなんで

荷物と一緒にメモを同封して頂いて部とジャンの現状のサイズと

仕上がりサイズの肩幅と身幅と裾幅と腕の幅を記載して頂いてます。

現状のサイズを記載して頂かないとお客さんがどの位置を計ったのかこちらが解からないので

郵送の場合は必ず現状のサイズを記載して頂いてます。

jaket1197-1

1枚目はお客さんからしたらサイズが大きいべトジャンです。

福井県からの郵送のお客さんのメモを見ながらサイズダウンをしていきます。

jaket1197-2

2枚目はサイズを肩幅、身幅、袖幅、袖丈を細くする前のべトジャンです。

jaket1197-3

3枚目はサイズを縮めるのにばらした後です。

べトジャンは作る時に、効率よく縫える様に変な縫い方をしてますので、

ばらすのは時間がかかります。

jaket1197-4

4枚目はサイズを肩幅、身幅、袖幅、袖丈を細くした後のべトジャンです。

jaket1197-5

5枚目は1枚目のアングルと同じ写真を撮りました。

この作業の料金は25000円です。

福井県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。