プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本でお借りして小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本に小さくリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズと見本と書いた貼り紙を貼って頂いてこちらに分かりやすいようにして頂いていて

同封されたメモに大きいサイズのTシャツを見本の大きさに小さくリサイズしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズダウンで出来ないものは立体裁断のような斜めに縫い目があるものや

シームレスミシンで縫われてるものやプリントが端や縫い目をまたいであるものは

プリントを中途半端にカットしますのでサイズダウンは出来ません。

また、首周りを大きくしたり小さくしたりは出来ません。

Tシャツの胴回りが縫い目のない輪のものは身幅と裾幅を変更するときに

左右のサイドの生地をカットしますので仕上がりはサイドに縫い目が出来ます。

輪のままで身幅や裾幅を縮めることは出来ませんのでご理解の程、宜しくお願い致します。

ブログで紹介してる様なサイズダウンは可能です。

サイズダウンをお考えで小さく出来るか疑問がある場合はお問い合わせフォームから画像を頂ければ

ある程度は答えれますのでお手数ですが画像を送ってくださいね。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズの見本でお借りしたTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのTシャツを小さくしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを取り外した後の胴体の写真です。

4枚目は脇から裾のサイドの生地をカットして見本の幅に合う様にしていきます。

5枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

6枚目は肩幅の生地を見本の幅に合う様にカットしていきます。

7枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

 

8枚目は着丈以外の肩幅、身幅、裾幅の生地をカットした後の写真です。

9枚目は左右の袖のパーツの見本のTシャツの幅に合わせていきます。

10枚目は袖のパーツを見本の袖のパーツに合う様に生地をカットしていきます。

11枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

12枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

この後、胴体に組み直していきます。

13枚目は長い着丈の裾の生地を見本の幅に合う様にカットしていきます。

14枚目は着丈の生地をカットした後の写真です。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。