大きいサイズのプリントの気に入ったTシャツをお客さんの気に入ったTシャツに合わせてサイズダウン Tシャツサイズ詰め

サイズが大きいTシャツでプリントが気に入って購入したTシャツのサイズを

お客さんの気に入ったサイズのTシャツの肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈に合わせて

大きいTシャツのアームホールの縫い目をばらして

胴体と袖のパーツに分けてサイズダウンしていきます。

TシャツのサイズダウンでこれからTシャツを縮めてみたいお客さんに

参考程度に知ってほしい知識なんですが、

大きいTシャツがお客さんの気に入ったTシャツに対してすべてが大きいわけではありません。

よくあるのは袖のパーツなんですが、大きいTシャツの方がお客さんの気に入ったTシャツより

袖のパーツの袖丈が短いものがあったりします。

大きいTシャツが着ていると袖丈も長いと思われがちですが、

肩幅を気に入ったサイズのTシャツの位置に仕上げますと大きいTシャツの袖のパーツの長さが

例えば19㎝あったとして見本で貸して頂いたTシャツの袖のパーツの長さが20㎝だとしたら

肩幅を見本のTシャツに合わせて細くしますと大きいTシャツの袖丈の長さが元々19㎝しかないので

見本のTシャツに比べて1㎝短く袖丈が仕上がります。

大きいTシャツが現状では肩幅があった分、袖丈が長く感じてたものが

現状の袖の長さが19㎝しかないと肩幅をカットした分、袖丈の取り付け位置が上がりますので

大きいTシャツの袖のパーツの長さは同じでも袖丈は短く仕上がることになります。

今回の静岡県からの郵送のTシャツは袖丈も見本より長かったんでカットしました。

1枚目は静岡県からの郵送の客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツで、

このTシャツをサンプルにサイズダウンしていきます。

3枚目はサイズダウンをしていくのに左右の袖のパーツを縫い目から外した後のTシャツの胴体です。

4枚目は長い着丈を2枚目のTシャツに合わせて短く生地をカットしていきます。

5枚目は2枚目のTシャツの長さに合わせて短く生地をカットした後です。

6枚目は脇から裾のサイドの幅を2枚目のTシャツに合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は脇から裾のサイドの生地をカットして2枚目のTシャツの幅に合わせた後です。

8枚目は肩幅を2枚目のTシャツに合わせて生地をカットしていきます。

9枚目は肩幅を2枚目のTシャツに合わせて生地をカットした後です。

10枚目は大きいTシャツの胴体を2枚目のTシャツに合わせて余分な生地をカットした後です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていく前です。

12枚目は袖のパーツを2枚目のTシャツのサイズに合わせて生地をカットしていきます。

13枚目は袖のパーツを2枚目のTシャツに合わせて生地をカットした後です。

14枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

静岡県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。