プリントに気に入った大きいサイズのTシャツを小さくサイズダウン Tシャツサイズ詰め

プリントの気に入ったサイズの大きいTシャツを

お客さんの気に入ったサイズ感のTシャツをお借りして

そのサイズを計って肩幅と身幅と裾幅と腕幅と袖丈と着丈を大きいサイズのTシャツの

左右の袖のパーツを外して胴体と袖のパーツの余分な生地をカットして組み直していきます。

たまに質問で裾にプリントがあるので首周りから着丈を短く出来ないか?

と、聞かれることがありますが、首のリブ周りの縫い付ける機械はこちらにはありませんので

首周りを触ることは出来ませんのでご理解の程、宜しくお願い致します。

Tシャツのサイズダウンのそれ以外注意点は先ほどの端にプリントや柄の縫い合わせが

ある場合は縫い目の端から生地をカットして幅を細くしていきますのでプリントをカットしたり

柄がカットした分、合わなくなりますのでサイズダウンの方はお勧めできません。

また、Tシャツのサイズダウンをお考えのお客さんに参考程度に読んでいただければ幸いです。

今回は奈良県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに気に入ったサイズのTシャツをサンプルに

大きいサイズのTシャツを小さくサイズ変更したいことが書いてありました。

1枚目は奈良県からの郵送のお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツでこのサイズ(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)を

計って大きいサイズのTシャツの胴体と袖のパーツの縫い目をばらして

生地をカットしてサイズダウンをしていきます。

3枚目は大きいサイズのTシャツの左右の袖のパーツを縫い目からばらした後の胴体の写真です。

4枚目は胴体の脇から裾のサイドの余分な生地をカットしていきます。

5枚目はTシャツの胴体の脇から裾のサイドの余分な生地をカットした後の写真です。

6枚目は肩幅を2枚目のTシャツのサイズ感に合わせて生地をカットしていきます。

7枚目は大きいサイズのTシャツの胴体の肩幅をカットした後の写真です。

8枚目は長い着丈を2枚目のTシャツの長さに合わせて短くカットしていく前の写真です。

9枚目は長い着丈を短くカットした後の写真です。

10枚目は左右の袖のパーツを2枚目のTシャツのサイズに合わせて腕の幅と袖丈を変更していきます。

11枚目は袖のパーツの余分な生地をカットしていく前の写真です。

12枚目は袖のパーツの余分な生地をカットした後の写真です。

13枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

奈良県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。