大きいTシャツを小さくリサイズ Tシャツサイズ直し

大きいTシャツを小さくリサイズしていきます。

今回の場合は郵送のお客さんで見本になるTシャツがなく

来店されてサイズを計ることも出来ませんでしたので

お客さんの現状のTシャツの幅(肩幅、身幅、袖幅、袖丈、着丈)を計って頂いて

サイズダウンの寸法を記載したメモを荷物と一緒に同封して頂く様にしてます。

サイズダウンの仕上がりの寸法だけ記載されますとお客さんがどの位置を

計ったのかこちらが分かりませんので必ず現状のサイズを計ってもらうようにしています。

神奈川県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈、着丈)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送でお客さんお気に入った見本のTシャツがない場合は仕上がりサイズだけですと

お客さんがどの位置を計られたのかことらが解りませんので現状のサイズを書いて頂いて

同じ長さの位置を確認してからサイズダウンの作業に入りますので必ず書いて頂いてます。

今回のTシャツは着丈は裾のアルファベットの文字が消える位置で仕上げたいとのことだったんで

着丈はそのような指定で作業をしていきます。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんの好みのサイズより大きいTシャツです。

2枚目は着丈をお客さんの指定の長さに短くしていきます。

裾のプリントが仕上がりの長さになりますとカットしますが、

お客さんがプリントが消えることを了承済みなんで裾の文字が消える様に仕上げていきます。

3枚目は長い着丈を短くするのに生地をカットした後です。

4枚目は左右の袖のパーツを外した後で着丈をカットした後の胴体です。

メモに書いてあった仕上がりサイズに肩幅と身幅と裾幅の生地をカットしていきます。

5枚目は脇から裾のサイドの余分な生地をカットしていきます。

6枚目は脇から裾のサイドの余分な生地をカットした後の写真です。

7枚目は肩幅の生地をカットしていく前の写真です。

8枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

9枚目はTシャツの胴体のサイズダウンを終えた後です。

10枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

袖のパーツは胴体の肩幅と身幅の縫いしろの関係で

同じ長さにアームホール側の長さを合わせて袖丈と袖幅の生地をカットしていきます。

11枚目は袖の長さと幅の余分な生地をカットした後の写真です。

12枚目は左右の袖のカット後の写真です。

13枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。