大きいサイズのスタジアムジャンパーをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズ スタジャン寸法縮め修理

大きいサイズのスタジアムジャンパーをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズしていきます。

今回は新潟県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ

(肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈)を書いて頂いて同じ位置の仕上がりサイズを書いて頂きました。

郵送の場合でお客さんの気に入ったサイズの見本がないときはお手数ですが現状のサイズを計って頂いて

同じ位置の仕上がりサイズを書いて頂ければこちらとしてはどこの位置を計られたのか同じ位置を確認出来ますので助かります。

郵送の場合で困るのは仕上がりサイズだけ書かけてる場合は例えば身幅-2㎝などと書かれますと

お客さん個人個人の感覚で円周なのか平置きなのか左右のトータルなのか片側からなのか

お客さんと直接会って確認するわけではありませんのでこの書き方では作業が出来ません。

また、メーカーのサイズ表記のコピーを送られる場合もこちらとしては知りたい位置の幅が書いてなかったり

原寸と確認すると幅が違ったりしますので何を基準にサイズダウンしていいのか解りませんのでご自分で計って頂ければ幸いです。

1枚目は新潟県からの郵送のお客さんの大きいサイズのスタジャンです。

2枚目は着丈を短くしていきますので裾のリブニットが付いたパーツを外した後の写真です。

3枚目は表の生地の着丈を短くするのに裾の生地をカットしていきます。

4枚目は表の裾の生地をカットした後の写真です。

5枚目は裏地も同じ様に生地をカットしていきます。

6枚目は裏地の裾の生地をカットした後の写真です。

7枚目は裾のリブニット上の生地をカットした後の胴体の写真です。

8枚目は胴体の脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

9枚目は脇から裾の胴体のサイドの生地をカットした後の写真です。

10枚目は袖のパーツの幅を細くしていきます。

11枚目は反対側にひっくり返した脇から袖先の袖のパーツの写真です。

12枚目は脇から袖先にかけてレザーをカットした後の写真です。

13枚目は裏地も同じ様に胴体の脇から裾のサイドの生地をカットしていきます。

14枚目は裏地の胴体のサイドの生地をカットした後の写真です。

15枚目は袖のパーツの裏地のサイドの生地を表のレザーと同じ幅をカットしていきます。

16枚目は裏地のsでのパーツの生地をカットした後の写真です。

この後表と裏地を組み直して裾のリブニットのパーツも取り付けていきます。

写真に撮るのを忘れたのですが、裾のリブニットの幅も裾幅に合わせて細く仕上げています。

17枚目は18枚目との比較で着丈を直す前の裾付近の写真です。

18枚目は着丈を短くした後の裾付近の写真です。

写真でも解る様に裾のパーツ上のスナップボタンとサイドのポケットの位置が

着丈を短くした分、下に落ちてる様に見えると思います。

19枚目は20枚目との比較でサイズダウン前のスタジアムジャンパーです。

20枚目はサイズダウン後のスタジャンです。

21枚目は作業終了後です。

この作業の料金は35000円です。

新潟県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。