ブランドの気に入ってる大きいサイズのシャツを小さくリサイズ シャツ寸法縮め修理

ブランドの気に入ってる大きいサイズにシャツを小さくリサイズしていきます。

今回は東京からのお客さんで来店されてサイズダウン後に郵送してほしいとのことでした。

お客さんの好みのサイズを聞きながら位置位置を確認してバランスもあるので

そこまでサイズを小さく出来ない個所を説明しながらサイズダウンの寸法を決めていきました。

初めて来店されるお客さんは店舗の入ってるビルの構造がややこしいので

このサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップを見て頂ければ写真付きで説明をしています。

ビルのエレベーターは2つありまして1階にレッドロックというローストビーフ丼屋さんの券売機前の

目立つエレベーターはビルの構造上3階までしか上がれません。

そのエレベーターに乗って3階から上に行けないと電話がかかってきますので

そのエレベーターには乗らずに1階の奥の角に黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがありますので

503で呼び出しボタンを押して頂ければ鍵が開いて中に5階まで来れるエレベーターがあります。

迷われる場合が多いので必ず店舗案内からアクセスマップを見てから来店くだされば幸いです。

1枚目は来店のお客さんの大きいサイズのシャツです。

2枚目はサイズダウンをしていくのに左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は胴体の前身ごろの脇から裾のサイドの生地をお客さんの好みの幅になる様にカットしていきます。

4枚目は胴体の前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

5枚目は後ろ見ごろの脇から裾のサイドの生地をお客さんの好みの幅になる様にカットしていきます。

6枚目は後ろ見ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

7枚目は肩幅の生地をお客さんの好みの幅になる様にカットしていきます。

8枚目はお客さんの好みの幅になる様に肩幅の生地をカットした後の写真です。

9枚目は着丈以外の肩幅、身幅、裾幅の生地をカットした後の胴体の写真です。

10枚目は左右の袖のパーツのサイズをお客さんの好みのサイズ感になる様にカットしていきます。

11枚目は袖山から袖丈を短くなるように生地をカットしていきます。

12枚目は袖山から袖丈を短くなるようにカットした後の写真です。

13枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

14枚目は長い着丈をお客さんの好みの長さになる様に裾の生地を短くカットしていきます。

15枚目は裾の生地を短くカットした後の写真です。

16枚目は着丈を仕上げた後の裾の写真です。

17枚目は18枚目との比較でサイズダウン前のシャツの写真です。

18枚目はサイズダウン後のシャツの写真です。

19枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

来店時に送料を頂いたので送料は別にかかりますが作業が終わって発送しました。