大きいサイズのアルマーニとシャツを気に入ってるシャツのサイズを見本に小さくリサイズ シャツ寸法詰め直し

大きいサイズのアルマーニのシャツをお客さんの気に入ったサイズのシャツを見本に小さくリサイズしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズと見本と書いた貼り紙を貼って頂いていて

同封されたメモに大きいサイズのシャツを見本に合わせて小さくしたいことが書いてありました。

郵送の場合でシャツのサイズダウンは見本のお客さんに合ったものを書いて頂ければ、

それを測ってサイズダウンするのがこちらちしては一番わかりやすいです。

見本がない場合で郵送で困るのはメーカーのサイズ表記をコピーしたものを送ってこられますと

こちらの知りたい位置の幅が書いてないのと同じサイズの表記の幅が違ってたりと基準がない状況ではサイズダウンが出来ないのと

例えば身幅を−2cm細くしたいなど書かれてますと個人個人の感覚で円周なのか平置きなのか片側なのか左右での数値なのか

会って確認するわけではないのでこちらが解りませんので郵送の場合は

必ず現状の身幅が何㎝で仕上がりが何㎝にしたいと書いて頂ければこちらも解りやすいです。

これからシャツのサイズダウンで郵送のお客さんの参考になればと説明をしました。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの大きいサイズのシャツです。

2枚目は見本で貸してくださったシャツの写真です。

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのシャツを小さくしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

4枚目は胴体の前身ごろの脇から裾のサイドの生地を見本の幅に合う様にカットしてきます。

5枚目は前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

6枚目は後ろ見ごろの脇から裾のサイドの生地を見本の幅に合う様にカットしていきます。

7枚目は後ろ見ごろの脇から裾の生地をカットした後の写真です。

8枚目はサイドの生地をカットした後のシャツの胴体です。

9枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

10枚目は袖山から袖丈を短くカットしていきます。

11枚目は袖丈を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

12枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

13枚目は長い着丈を見本の長さに合う様に裾の生地をカットしていきます。

14枚目は裾の生地をカットした後の写真です。

15枚目は裾の生地をカットした後に縫い直した後の写真です。

16枚目は18枚目との比較でサイズダウン前のシャツの写真です。

17枚目は見本のシャツの同じアングルの写真です。

18枚目はサイズダウン後のシャツの写真です。

19枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。