長い袖丈のルイスレザーズのジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のルイスレザーズのジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんで十先着ていただいて長さを計りました。

ルイスレザーズのじゃっとは袖先のファスナーの上にコインポケットが付いてるものが多く袖先から短くすることが出来ません。

胴体のアームホールの縫い目をばらしての袖のパーツの上から直しますので短く出来る長さに限界があり

ジャケットのバランスを考えますと最大4~5㎝以上は短く出来ません。

あと、初めて来店されるお客さんは店舗の入ってるビルの構造がややこしいのでこのサイトのトップページ上の店舗案内から

アクセスマップを見て来てくだされば写真付きで説明をしてますので迷わず来れると思います。

店舗の入ってるビルは2つエレベーターがありますがローストビーフ丼屋さんの

レッドロックの券売機前の目立つエレベーターはビルの構造3階までしか行けません。

そこから上に行かないと電話がよくかかってきますのでそのエレベータではなく1階の奥の角に

鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがありますので

503で呼び出しボタンを押して頂くと鍵が開いて中に5階まで行けるエレベーターがありますのでそちらで来ていただければ幸いです。

ややこしいので必ず店舗案内からサクセスマップを確認して来店してくださいね。

1枚目は来店されたお客さんの袖丈を短くしていく前のルイスレザーズのジャケットです。

2枚目は袖山から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した胴体の写真です。

3枚目は胴体のアームホールの縫い目から外した左右の袖のパーツです。

4枚目はブログの肘目に説明した袖先上のコインポケットです。

コインポケットの移動は出来ませんので袖先のファスナーを移動することは出来ませんので

この様なデザインのジャケットは袖山からの袖丈直しになります。

5枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

6枚目は袖山のレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

7枚目は裏地も表のレザー部分と同じ様に袖山の生地をカットしていきます。

8枚目は裏地の袖山の生地をカットした後の写真です。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前のジャケットの写真です。

10枚目は袖丈を短くした後のジャケットの写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。