長い袖丈のSchottのライダースジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のショットのライダースジャケットをお客さんの好みの長さに短くサイズを変更していきます。

今回は長崎県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

ショットのライダースジャケットはモデルにもよりますが古いものは

脇に身体を動かしやすいようにいろんなパーツが付いてまして

袖山から袖丈を短くする場合はその脇のパーツを外しての作業になります。

ロンジャンの様に袖にパーツが何も付いてないものに比べて作業時間が長くなります。

袖先のファスナーを外して丈を短くしていく作業よりは時間はかかりません。

袖先と袖山からの仕上がりは袖山から短くした方が

肘から袖先のラインの長さが短くなりませんので仕上がりは自然で綺麗です。

ただ、袖山からの丈直しは4~5㎝以上の袖丈を短くすることは出来ません。

胴体側のアームホールの長さは身幅を狭くしない限り狭くなりませんので

袖のパーツの縫いしろは胴体側のアームホールの縫いしろと同じ長さで組まないと

組み上がりませんので4~5㎝までの長さが限界になります。

1枚目は長崎火炎からの郵送のお客さんの長い袖丈のショットのライダースジャケットです。

2枚目は袖山から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した胴体の写真です。

3枚目は胴体のアームホールの縫い目から外した左右の袖のパーツです。

4枚目は表のレザー部分の袖山からカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は脇の内側に付いてるパーツで縫い目をばらして短くしていきます。

6枚目は袖のパーツの外側の縫い目をばらした後の写真です。

7枚目は内側の脇のパーツの縫い目をばらした後の写真です。

8枚目は脇の下のパーツのレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

9枚目は内側のばらしたパーツのレザーをカットした後の写真です。

10枚目は外側のレザーをカットしていく前の写真です。

11枚目は外側のレザーをカットした後の写真です。

12枚目は裏地の袖丈も同じ長さの生地をカットして短くしていきます。

13枚目は裏地の袖山から生地をカットした後の写真です。

14枚目は表のレザー部分をカットした後の組み直した写真です。

15枚目は袖山から袖のパーツを短くした後の写真です。

16枚目は17枚目との比較で袖丈を短くしていく前の写真です。

17枚目は袖丈を短くした後の写真です。

18枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

長崎県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。