大きいschottのライダースジャケットを小さくリサイズ 革ジャン寸法詰め直し

大きいショットのライダースジャケットを小さくリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんで実際に着ていただいて動ける範囲内でサイズダウンをしていきます。

お客さんと話をしてますとアームホールを出来るだけサイズダウンがしたいとのことで

肩幅が大きくなかったんで胴体側の身幅を縮めることで

袖のパーツも根元から縮めていけますので腕周りをすっきりさせることが出来ます。

肩幅を縮めますとアームホールの縫いしろは身幅を縮める幅にもよりますが広がりますので

袖のパーツの根元からは細くはサイズダウンは出来ませんので

アームホールを縮めたい場合はあまり肩幅を触らず身幅を縮めますと

袖のパーツも根元からサイズダウン出来ますので腕周りも細く仕上げていけます。

1枚目は大きいサイズのショットのライダースジャケットです。

2枚目はサイズダウンをしていくのに左右の袖のパーツを外した後の写真です。

3枚目は脇のアームホールを縮めていくのに身幅のサイズダウンをしていきます。

4枚目はサイドの縫い目を外した後の写真です。

5枚目はサイドの縫い目を外した後にレザーをカットしていく前の写真です。

6枚目はサイドのレザーをカットした後の写真です。

7枚目は身幅のレザーをカットした後に組み直した写真です。

8枚目は裏地の身幅も表と同じ様に生地をカットして組み直していきます。

9枚目はサイドの縫い目を外して生地をカットした後に外した洗濯ネームを同じ位置に縫い付けていきます。

10枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

11枚目は裏地をカットして組み直した後の表側のサイドの縫い目の写真です。

12枚目は組み直した後の胴体の写真です。

13枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

14枚目は脇から肘辺りのサイドの幅を細くしていく前の写真です。

15枚目は腕のパーツを反対側にひっくり返した後の写真です。

16枚目はサイドの縫い目からレザーをカットして組み直した後の写真です。

17枚目は袖のパーツの腕幅を細くした後の写真です。

18枚目は19枚目との比較でサイズダウン前のショットのライダースジャケットです。

19枚目はサイズダウン後のショットのライダースジャケットです。

20枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。