大きいサイズのPUMAのポロシャツをお気に入りのポロシャツに合わせて小さくリサイズ ポロシャツサイズ直し

大きいサイズのプーマのポロシャツをお客さんの気に入ったサイズのポロシャツをお借りして

そのポロシャツの肩幅と身幅と袖幅と袖丈と着丈に合わせて大きいポロシャツを

ばらして小さくリサイズしていきます。

ポロシャツの場合は裾にスリッドが付いてまして着丈を短くしたり

裾幅が見本になるポロシャツと幅があまり変わらなかったりする場合は

裾にスリッドを作る余分な生地がない場合もありまして

同じ様に裾のスリッドが作れない場合もあります。

今回のプーマのポロシャツは着丈を短くしても見本のプロシャツより裾幅が

広かったんで問題なくスリッドの方は作れました。

兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに気に入ったサイズのポロシャツをサンプルに

黒のプーマの大きいポロシャツを小さくサイズ変更したいことが書いてありました。

1枚目は兵庫県からの郵送の大きいサイズのポロシャツで

お客さんの気に入ったサイズのポロシャツをお借りして小さくしていきます。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのポロシャツで、このサイズに合わせていきます。

3枚目はポロシャツの胴体から左右の袖のパーツを外した後の写真です。

ここから胴体の肩幅と身幅と裾幅と着丈を

サンプルのポロシャツのサイズ感に合わせて生地をカットしていきます。

4枚目は長い着丈を2枚目のポロシャツに合わせて短く生地をカットしていきます。

5枚目は長かった着丈の生地をカットして2枚目のポロシャツに合わせた後です。

6枚目は脇から裾の身幅の生地をカットして裾のスリッドを作り直していきます。

7枚目は脇から裾の余分な生地をカットしていく前です。

8枚目は脇から裾の余分な生地をカットしてスリッドの縫いしろも作り直した後です。

9枚目はポロシャツの肩幅を縮めていく前の写真です。

10枚目はポロシャツの肩幅を2枚目のポロシャツに合わせてカット下後です。

11枚目は2枚目のポロシャツに合わせてカットした後の胴体です。

12枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

左右の袖は袖丈は胴体側から生地をカットして袖幅もサンプルに合わせてカットしていきます。

13枚目は袖のパーツのカット前の写真です。

14枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

15枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は4000円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。