レザージャケット 袖丈詰め直し

来週の3月21~25日の間はお店は休ませていただきます。

一年前から計画していてだいぶ前から行きたかった場所に社会見学に行って来ます。

今回はレザージャケットの袖丈を肩側から短く直していきます。

よく説明している直しなんですが、レザージャケットは袖のパーツが

着心地を考えて肘のラインが曲がった状態で付いてますので

袖先からファスナーを外して直す場合は

肘のラインと袖先の距離が短くなり仕上がりが不格好になります。

ただ、袖の肘との間に斜めにファスナーなどが付いてない場合は極端な話

何cmでも袖丈は上げれるメリットはあります。

肩側(袖山)からの場合は肘のラインは気になりませんが

胴体とのアームホールの関係で袖丈を短くする限界が4~5㎝までです。

山形県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1582-1

1枚目は山形県からの郵送のお客さんの袖丈を肩側(袖山)から

短くしていく前のレザージャケットです。

jaket1582-2

2枚目は袖丈を短くしていくのに左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

jaket1582-3

3枚目は左右の袖のパーツを短くしていく前の写真です。

jaket1582-4

4枚目は袖丈を短くしていく前の袖山の写真です。

jaket1582-5

5枚目は袖丈をカットした後の写真です。

jaket1582-6

6枚目は裏地の袖丈をカットする前の写真です。

jaket1582-7

7枚目は裏地の袖丈をカットした後の写真です。

jaket1582-8

8枚目は写真右が袖丈のカットした袖のパーツで左が袖丈をカットしていない袖のパーツです。

jaket1582-9

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くする前のレザーsジャケットの写真です。

jaket1582-10

10枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1582-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

山形県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。