Maison Martin Margiela レザージャケット 袖丈縮め直し

今回はマルジェラのレザージャケットの袖丈を短く縮めていく直しです。

今回も袖山の方から袖丈を短くします。

袖丈を袖山側からしますと胴体側の身幅を縮めない限りは限界が4~5㎝です。

それ以上袖丈を短くすると袖側の縫いしろの距離が短くなり

胴体側のアームホールの縫いしろの距離が合わなくなり仕上げられなくなります。

それ以上の袖丈を短くしたい場合は身幅を変えて頂いて胴体側のアームホールを細くして

袖丈を短くしていくか袖先から袖丈を変更するかになります。

まぁ、袖先も肘のラインや袖先のデザインの関係でいろいろ制約はあります。

横浜からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1540-1

1枚目は横浜からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていくマルジェラのレザージャケットです。

jaket1540-2

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体だけを撮った写真です。

jaket1540-3

3枚目は袖丈を短くしていく前の左右の袖のパーツです。

jaket1540-4

4枚目は袖山から袖丈を短くしていくので袖側のアームホール部分の写真です。

jaket1540-5

5枚目は袖丈を袖山から短くするのに表のレザー部分をカットした後の写真です。

jaket1540-6

6枚目は袖丈を袖山から短くする裏地の写真です。

jaket1540-7

7枚目は裏地の袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1540-8

8枚目は左右の袖丈を袖山からカットした後の写真です。

jaket1540-9

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くする前の写真です。

jaket1540-10

10枚目は袖丈を短くした後の写真です。

jaket1540-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

横浜への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。