長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は大分県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を肩口から4㎝短くしたいことが書いてありました。

袖丈を短くしていく方法は大きく分けて今回のような肩口からの袖山をカットして短くする方法と

袖先から短くする方法があります。

袖先からの場合はデザインにもよりますがファスナーやスリットがあるとばらしての作業なりますので

肩口からよりも作業に時間がかかり料金は高くなります。

また、レザージャケットの場合は肘辺りがカーブがかかってますので袖先から短くしますと

袖先と肘のカーブの細い幅のラインが近づいて仕上がりが不自然になります。

袖山の方は二の腕の幅が太いので仕上がりのラインは袖先よりも自然です。

ただ、袖山からは胴体側のアームホールの縫いしろの関係で袖を短くできる長さが4㎝ぐらいが限界になります。

1枚目は大分県からの郵送のお客さんの長い袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツをアームホールの縫い目から取り外した後の胴体の写真です。

3枚目は肩口から袖丈を短くしていくので取り外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は表のレザー部分をカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地の袖山の生地を短くカットしていきます。

7枚目は裏地の袖山の生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩口から袖丈を短くした後の左右の袖のパーツです。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

10枚目は袖丈を短くした後のレザージャケットです。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

大分県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。