RRLの袖丈と着丈の長いスエードジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈 着丈縮め修理

ダブルアールエルのスエードジャケットの袖丈と着丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんでお店で着て頂いて袖丈と着丈を測って好みのサイズに短くしていくことを決めました。

店舗の入ってるビルの構造がややこしいので初めて来られるお客さんは必ずこのサイトのトップページ上の店舗案内から

アクセスマップを見て頂ければ写真付きで説明をしています。

店舗の入ってるビルは2つエレベーターがあるのですが、1階のレッドロックというローストビーフ丼屋さんの

券売機前の目立つエレベーターはビルの構造上3階までしか行けません。

そのエレベーターには乗らずに1階の奥の角に鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターフォンがありますので

それに503で呼び出しボタンを押して頂ければ鍵が開いて中に5階まで上がれるエレベーターがありますのでそちらで来て頂ければ幸いです。

よく3階から上に行けないと電話がかかってきますので3階までのエレベーターには乗らずに

分かりにくいのですが1階の奥の角にオートロックを開けないと扉があかないのですが

中に5階まで上がれるエレベーターがありますのでそちらでお長居します。

1枚目は来店されたお客さんの袖丈と着丈を短くしていく前のダブルアールエルのスエードジャケットです。

2枚目は着丈を見字悪していくのにフロントのファスナーを外していきます。

3枚目はフロントのファスナーを外した後の写真です。

4枚目は外したファスナーの写真です。

着丈を短くする長さをファスナーも短くしていきます。

5枚目は裏地を表のスエードからばらした後の写真です。

6枚目は表のスエード部分の裾のレザーをカットしていきます。

7枚目は裾のスエードのレザーをカットした後の写真です。

8枚目は裏地の裾の生地も表のスエードと同じ長さをカットしていきます。

9枚目は裏地の生地をカットした後の写真です。

10枚目は裾のレザーと裏地をカットした後に左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

11枚目は胴体のアームホールの縫い目から外した後の左右の袖のパーツです。

12枚目は袖丈を短くしていくのに袖山からスエードのレザーをカットしていきます。

13枚目はスエードのレザーを短くした後の写真です。

14枚目は裏地の袖丈の生地をカットして短くしていきます。

15枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

16枚目は左右の袖のパーツの袖丈を袖山から短くした後の写真です。

この後、胴体に組み直していきます。

17枚目は着丈を短くした後に裏地と組み直した胴体の裏側の裾の写真です。

18枚目は着丈を短くした後の組み直した裾の表側の写真です。

19枚目はファスナーを着丈を短くした分、同じ長さを短くしていきます。

20枚目はレールをカットした後のファスナーの写真です。

21枚目はレールをカットした後にファスナー上にストッパーを取り付けてテープをカットした後の写真です。

22枚目は胴体に短くしたファスナーを取り付けた後の写真です。

23枚目はファスナーの全体の写真です。

24枚目は袖丈と着丈を短くしていく前の写真です。

25枚目は袖丈と着丈を短くした後の写真です。

26枚目は作業終了後です。

この作業の料金は29000円です。