古くなって破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換 G-1リブ直し

使い込んで古くなったG-1フライトジャケットのリブニットを

新しいリブニットに交換していきます。

G-1の場合はミリタリーショップMASHさんで販売している定番の場合は

シールブラウンという濃い茶色のリブニットになりますが、

初期型と後期型のリブニットがあります。

初期型はM-422などに合いますが、G-1の初期型の裾のリブ幅が10㎝あります。

後期型は7~8㎝の幅なんで後期型に初期型のリブニットを取り付けますと

初期型は柄の織り方が違い7㎝上ぐらいから違う織り方になってますが、

後期型に取り付けますと上の柄があまり見えなく不自然な仕上がりになります。

初期型は初期型、後期型は後期型のリブニットを取り付けるのをお勧めします。

今回は後期型のリブニットを交換していきます。

東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにこちらでシールブラウンのリブニットのセットを用意して

袖と腰回りを新しく付け替えたいことが書いてありました。

jaket1806-1

1枚目は東京からの郵送のお客さんの袖と裾のリブニットを交換していく前のG-1フライトジャケットです。

jaket1806-2

2枚目は使い込んで所々破れてしまった袖と裾のリブニットの写真です。

jaket1806-4

3枚目はミリタリーショップMASHさんで販売しているG-1の後期型の

シールブラウンのリブニットのセット(税込み3564円)です。

jaket1806-3

4枚目は裾のリブニットをG-1フライトジャケットから取り外していきます。

jaket1806-5

5枚目は裾のリブニットを取り外した後の写真です。

jaket1806-6

6枚目は袖のリブニットをG-1フライトジャケットから外していきます。

jaket1806-7

7枚目は裏返して裾のリブニットを取り外していく前の写真です。

jaket1806-8

8枚目は袖のリブニットを外した後の写真です。

jaket1806-9

9枚目はG-1フライトジャケットから袖と裾のリブニットを外した後の写真です。

jaket1806-10

10枚目は新しく袖と裾のリブニットを取り付けた後の写真です。

jaket1806-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円とリブニット代が3564円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。