長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈縮め修理

長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を6,5㎝短くしたいことが書いてありました。

郵送の前に6,5㎝短くしたとの問い合わせがあり、その場合は長さが5㎝以上なんで袖先からの加工になることを

伝えて袖先から作業が出来るかどうか分からなかったんでお客さんに袖のパーツが全体的に写ってる画像と

袖先のアップと数枚メールで画像を送って頂いて確認して作業が出来そうだったので送って来ていただきました。

1枚目は東京からの郵送のお客さんの袖先から袖丈を短くしていく前のレザージャケットです。

2枚目は袖先のファスナーのパーツを外して袖先から短くしていく前の写真です。

3枚目は裏地を外していく前の写真です。

4枚目は裏地を袖先の縫い目から外した後の写真です。

5枚目は袖先のファスナーのパーツを外した後の写真です。

6枚目は袖先から袖丈を短くするのでファスナーのパーツを取り付けるのに6,5㎝長さを延長していきます。

7枚目はファスナーのパーツを取り付けられる様に6,5㎝長さを延長した後です。

8枚目はファスナーのパーツを取り付けられる様に延長した後に袖先のレザーをカットしていきます。

9枚目は袖先のレザーをカットして袖先の幅がカットして広がったのを

元々の袖先の幅と同じ様に細くしてからファスナーのパーツを取り付けていきます。

10枚目は裏地の袖丈も短くしていきます。

11枚目は裏地の袖丈をカットして袖の広がった幅を元元の幅に直した後です。

12枚目は袖丈を袖先から短くした後の写真です。

13枚目は14枚目との比較で袖丈を袖先から短くしていく前のレザージャケットです。

14枚目は袖丈を袖先から短くした後のレザージャケットです。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。