大きいサイズのレザージャケットをお客さんに合わせて小さくリサイズ 革ジャン寸法縮め修理

大きいサイズのレザージャケットをお客さんの体型に合わせて小さくリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんでレザージャケットを着ていただいて動ける範囲内でサイズを小さく変更していきます。

レザージャケットを小さくしていくのに前のファスナーを閉めて頂いて両腕が上げれなかったり

肘を曲げたときに窮屈だったりしますとレザー自体も伸びて形が崩れたり破れたりしますので

出来るだけお客さん一人一人で個人差はあると思いますが少し余裕がある方がレザージャケットも長持ちします。

初めて来店されるお客さんの場合は店舗の入ってるビルがややこしい構造なんで

必ずサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップを開いて見て着てくださると幸いです。

店舗の入ってるビルの5階なんですが目立つエレベーターはビルの構造上3階までしか行けません。

そのまま階段で来られるお客さんもいますが階段の途中で黒い扉があり横にオートロックのインターホンがあります。

1階にも同じ様に目立つエレベータではなく奥に4階以上上に行くエレベーターがあるのですがエレベーターの前に黒い扉があり

右横にオートロックのインターホンがあります。

お手数なんですがインターホンに503で呼び出しを押して頂くと鍵が開き中に5階まで行けるエレベーターがあります。

ややこしいので必ずアクセスマップを見ていただけますと写真付きで説明を書いてますので見て頂ければ幸いです。

1枚目は来店されたお客さんの大きいサイズのレザージャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後のレザージャケットの胴体です。

3枚目は脇から裾のサイドの縫い目をばらしていきます。

4枚目は脇から裾のサイドを反対側にひっくり返した後の写真です。

5枚目はサイドの縫い目をほどいて前身ごろの脇から裾のレザーをカットしていきます。

6枚目は前身ごろの脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

7枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドのレザーをカットしていきます。

8枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

9枚目は裏地の脇から裾の生地をカットしていきます。

10枚目は裏地の生地の脇から裾をカットした後の写真です。

11枚目はレザー部分の肩幅をカットしていきます。

12枚目はレザー部分の肩幅をカットした後の写真です。

13枚目は裏地も同じ様に肩幅をカットしていきます。

14枚目は裏地の肩幅をカットした後の写真です。

15枚目はカットを終えたレザージャケットの胴体の写真です。

16枚目はレザージャケットの組み直した後の写真です。

17枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

18枚目は長い袖丈を袖山から短くカットしていきます。

19枚目はレザーをカットして袖丈を短くした後です。

20枚目は裏地も同じ様に袖丈を短くしていきます。

21枚目は裏地の袖丈を短くした後の写真です。

22枚目は袖幅を細くしていく前の写真です。

23枚目は袖幅を細くした後の写真です。

24枚目は25枚目との比較でサイズを小さく変更しる前のレザージャケットです。

25枚目はサイズを小さく変更した後のレザージャケットです。

26枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。