レザージャケットの裏地をお客さんの好みの色と素材のものに交換 革ジャン裏地取り替え

レザージャケットの裏地をお客さんの好みの素材と色に交換していきます。

今回は富山県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにレザージャケットの裏地を

サテンの薄めの黒い生地に交換したいことががいてありました。

ジャケットの裏地は出来るだけ滑る様なさらさらした生地の方が動作の時に

引っ掛からないので裏地のダメージの負担が軽減されます。

逆にコットンの様な生地は強度はありますが動作の時に引っ掛かりやすいので負担がかかり破れやすいです。

これからジャケットの裏地を交換したいお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は富山県からの郵送のお客さんの裏地を交換していく前のレザージャケットです。

2枚目は交換前の裏地の写真です。

3枚目はこちらで用意したサテンの薄めの黒の生地です。

4枚目はレザージャケットから裏地を取り外した後の写真です。

5枚目はレザージャケットから取り外した裏地の写真です。

6枚目は取り外した裏地を縫い目からほどいて前身ごろの裏地から型を取っていきます。

7枚目は新しいサテンの生地で前身ごろの裏地を作った後です。

8枚目は後ろ身ごろの背中の裏地の形を取っていきます。

9枚目は後ろ身ごろの背中の裏地の形を新しいサテン生地で作った後です。

10枚目は腕の内側の裏地の形を取っていきます。

11枚目は腕の内側の裏地を作った後です。

12枚目は外側の腕の裏地の形を取っていきます。

13枚目は新しいサテン生地で裏地の腕の外側のパーツを作った後です。

14枚目はレザージャケットに新しい黒のサテン生地を取り付けた後です。

15枚目は裏地をひっくり返した胴体と袖の写真です。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は27700円です。

富山県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。