ジッパーの壊れたレザージャケットを新しいファスナーに交換 革ジャンジップ取り換え

レザージャケットの壊れたジッパーを新しく交換していきます。

ファスナー交換での注意すべき点は、左右対称に取り付けないと

仕上がりがずれてファスナーが取り付けられたら困りますので

左右対称になる様にファスナーのレールのコマの位置を合わせて

バランスを見ながら取り付けていきます。

長崎県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに壊れたフロントジッパーを

こちらで用意したYKKの新しいジッパーを取り付けたいことと裏地の破れを直したいことが書いてありました。

jaket1662-1

1枚目は長崎県からの郵送のお客さんのファスナーの

先っぽのレールと生地のテープが削れてちぎれたレザージャケットの写真です。

jaket1662-2

2枚目は先っぽのテープの生地部分がちぎれてる写真です。

この様な壊れ方をしますとファスナーをすべて交換しないと直りません。

テールの生地を縫い直して欲しいとの相談がありますが、

テープの生地は縫い直すことは出来ません。

ファスナーのレールとスライダーのサイズがきっちり合ってるので

ファスナーは上下して開閉できますが

電車が線路に異物を置かれると脱線するのと同じで開閉できません。

jaket1662-3

3枚目はファスナー交換と同時に裏地が破れてますので直していきます。

jaket1662-4

4枚目は壊れたファスナーを外した後の写真です。

jaket1662-5

5枚目は先っぽが壊れたファスナーで、このパーツのスライダーが

新しいファスナーのサイズと合ったんでお客さんの要望で使っていきます。

jaket1662-6

6枚目は新しいYKKのファスナーでスライダーは壊れたファスナーから流用しました。

jaket1662-8

7枚目は写真でも分かりますが長さが違いますので同じ長さに合わせていきます。

jaket1662-7

8枚目はレールのコマを元々付いてたファスナーの長さに合わせて

コマにしるしを入れて短くカットしていく前です。

jaket1662-9

9枚目はレールのコマをカットいした後の写真です。

jaket1662-10

10枚目はレールのコマをカットしててーぽもカットした後の写真です。

jaket1662-11

11枚目は元のファスナーの長さに合わせた後の写真です。

jaket1662-12

12枚目はファスナーを取り外してる間に裏地の破れを直した後です。

jaket1662-13

13枚目は新しくファスナーを取り付けた後の写真です。

jaket1662-14

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金はファスナー交換代がダブルのライダースなのと

破れ直しが11500円とYKKのファスナー代が1944円です。

長崎県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。