フードパーカーをジップパーカーにリメイク

今回はフードパーカーをジップパーカーにリメイクをしていきます。

ジップパーカーにするのに、当たり前のことですが、

センターにジッパーを付けますので胸のプリントはカットして

プリントの柄を合わせてジッパーを付けていきます。

やはり、ジッパーの縫いしろ分は、プリントは中に織り込みますので

ジッパーの幅分はプリントは消えます。

神奈川県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにこちらで用意したファスナー(YKK)で

ジップパーカーにリメイクしたいことが書いてありました。

parka50-1

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんでジップパーカーに変更していく前の

フードパーカーで胸のプリントはセンターにありますのでカットされます。

parka50-2

2枚目はセンターをカットする前にフードを外していきます。

parka50-3

3枚目はセンターをカットしてジッパーを付けますので

フード部分の縫いしろをほどいていく前の写真です。

parka50-4

4枚目はフードを外した後の写真です。

parka50-5

5枚目はフードを外した後にジッパーを付けていくのに

フードパーカーのセンターをカットした後です。

写真でも分かると思いますが、胸のプリントは真っ二つにカットしてます。

parka50-6

6枚目はこちらで用意したYKKのオープンファスナー(税込み864円)です。

parka50-7

7枚目はフードパーカーに合わせてジッパーの長さをカットしていきます。

parka50-8

8枚目はジッパーを短くするのにコマをカットした後の写真です。

parka50-9

9枚目はコマをカットしてテープをカットした後の写真です。

parka50-10

10枚目はフードパーカーにジッパーを取り付けた後の写真です。

parka50-11

11枚目はプリントの柄やポケットや裾のリブを左右合わせてジッパーを取り付けた後です。

parka50-12

12枚目は作業終了後です。

この作業の料金は6000円とファスナー代が864円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。