ジャケット

両袖と腰回りが所々破れだしたG-1フライトジャケットを新しいリブニットに交換

両袖と腰回りが所々破れだしたG-1フライトジャケットを新しいものに交換していきます。

今回は愛媛県からの郵送のお客さんで荷物に交換用の新しいリブニットと同封したメモに

両袖と腰回りを用意したリブニットに交換したいことが書いてありました。

今回のG-1フライトジャケットは初期型のもので交換用のリブニットも初期型のものが入ってました。

初期型の腰回りは後期型のG-1に比べて縦が長いのでたまに後期型に初期型のリブニットを取り付けようとする

お客さんがおられるのですが、初期型の腰回りは上と下とで織り込んでる柄が違い下側が縦に長いので

短い後期型に取り付けるとほぼ下の柄しか見えずまた初期型の腰回りは折り曲げずに取り付ける1枚もののリブニットなので

ぺらんぺらんで仕上がりがみすぼらしいので後期型のG-1には後期型を取り付けることをお勧めします。

1枚目は愛媛県からの郵送のお客さんの両袖と腰回りのリブニットを交換していく前のG-1フライトジャケットです。

2枚目は荷物の中に入っていた交換用のG-1フライトジャケットの初期型のリブニットです。

3枚目はG-1フライトジャケットから取り外していく両袖と腰回りのリブニットの写真です。

4枚目は腰回りのリブニットから取り外していきます。

5枚目は腰回りのリブニットを取り外した写真です。

6枚目は袖のリブニットを取り外していきます。

7枚目は反対側に引っくり返した袖のリブニットの縫い目付近の写真です。

8枚目は袖のリブニットを取り外した写真です。

9枚目はG-1フライトジャケットから両袖と腰回りのリブニットを取り外した写真です。

10枚目は元々付いていた取り外したリブニットの写真です。

11枚目は新しいリブニットを腰回りに取り付けた写真です。

12枚目は袖に新しいリブニットを取り付けた写真です。

13枚目はG-1フライトジャケットに両袖と腰回りのリブニットを取り付けた写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円です。

愛媛県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズのTシャツをお借りして小さくリサイズ前のページ

デザインの気に入ってる大きいサイズのジャケットをお客さんの気に入ったジャケットを見本でお借りしてそれに合わせて小さくリサイズ次のページ

関連記事

  1. ジャケット

    Lewis Leathers 裏地張替 直し

    今回はルイスレザーの左右の袖の裏地の張替をしていきます。よくあ…

  2. ジャケット

    大きいサイズのLevi’sのGジャンを小さくリサイズ デニムジャケット寸法詰め直し

    大きいサイズのリーバイスのGジャンをお客さんの好みのサイズ感に小さくリ…

  3. ジャケット

    タンカースジャケット ファスナー交換 ワッペン付け直し

    3月21~25日の間は誠に勝手ながらお店は休ませていただきます。…

  4. ジャケット

    長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め直し

    長い袖丈のレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていき…

  5. ジャケット

    長い袖丈のライダースジャケットを短く仕上げてエポレットの取り外し 革ジャン袖丈詰め 肩章外し直し

    ライダースジャケットの長い袖丈を短くするのとエポレットを取り外していき…

  6. ジャケット

    レザージャケットの長い着丈を短くリサイズ 革ジャン着丈直し

    着丈の長いレザージャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていき…

PAGE TOP