破れてしまったG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換 G-1リブ直し

破れてしまったG-1フライトジャケットの袖と腰回りのリブニットを

お客さんがミリタリーショップmashさんで購入された新しいリブニットに交換していきます。

今回は兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに

用意したリブニットに交換したいことが書いてありました。

G-1フライトジャケットの場合は初期型と後期型のリブニットの種類があり

腰回りのリブニットの形が違います。

初期型のリブニットは1枚のもので上と下のリブニットの織り方が違う模様になってます。

後期型はMA-1やA-2と同じで折り返して縫い付けるリブニットになります。

初期型は裾の高さの幅が長いので初期型のリブニットも後期型を折り返して使う高さの幅より長く

後期型に初期型のリブニットを取り付けますと裾の上下の柄が違いますので

上の柄が高さが短いので見えなくなります。

後期型は後期型を取り付ける方がいいと思います。

今回のG-1フライトジャケットは後期型のリブニットを取り付けていきます。

1枚目は兵庫県からの郵送のお客さんの後期型のG-1フライトジャケットです。

2枚目は袖と腰回りのリブニットを外して新しいものに交換していきます。

3枚目は後期型のシールブラウンのリブニットの写真です。

4枚目は腰回りのリブニットを新しく交換していくのに取り外していきます。

5枚目は腰のリブニットを取り外した後の写真です。

6枚目は袖のリブニットを取り外していく前の写真です。

7枚目は袖のリブニットを取り外していく前の写真です。

8枚目は袖のリブニットを取り外した後の写真です。

9枚目はG-1フライトジャケットから袖と腰回りの古いリブニットを外した後の写真です。

10枚目は新しく袖と腰回りのシールブラウンのリブニットを取り付けた後の写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。