長い袖丈のL-2Bフライトジャケットを短くリサイズ L-2B袖丈直し

お客さんの好みの長さより長いL-2Bフライトジャケットの袖丈を短くリサイズしていきます。

今回は大分県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

L-2Bの場合は袖がリブニットなんで袖先から短くしていきます。

作業としましては袖先のリブニットを外して袖先の縫い目の生地を表と裏地をカットして

袖先の幅を整えて外したリブニットを同じ様に縫い付けていく直しになります。

先がリブニットの袖丈の合わす目安なんですが、リブニットはゴムの様に収縮しますが

手首ぐらいで合わすと腕を動かすときになおさら上がってしまいますので

見た目が短くなりお客さんの好みにもより個人的に意見ですがあまりいいとは思いません。

手首下2㎝ぐらいの位置で合わせますと状態にもよりますがリブニットは手首下には収縮しますのでいきません。

少しリブニットが折れ曲がるくらいの方が腕を動かした時に遊びがあり袖先が上がりにくくなりますので

多少長目の方がシルエット的にも綺麗だと思います。

個人的な見解なんでお客さんの好みの長さに合わせるのがいいと思いますが

これからフライトジャケットやスタジャンの様なジャケットの袖丈を短くお考えの

お客さんの参考になればと目安として書いてみました。

1枚目は大分県からの郵送尾お客さんの袖丈を短くしていく前のL-2Bフライトジャケットです。

2枚目は袖丈を短くしていくのにリブニットを外していきます。

3枚目はリブニットをL-2Bフライトジャケットの袖先の縫い目から外した後の写真です。

4枚目は表の生地の袖先をカットして袖幅を整えていきます。

5枚目は袖先の生地をカットして袖先を整えた後の写真です。

6枚目は裏地の生地を表と同じ作業をしていきます。

7枚目は裏地の袖先の生地をカットして袖幅を整えた後です。

8枚目は9枚目との比較でいL-2Bフライトジャケットの袖丈を短くしていく前の写真です。

9枚目はL-2Bフライトジャケットの袖丈を短くした後の写真です。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

大分県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。