ジッパーの先っぽがちぎれたB-3フライトジャケットを新しいものに交換 B-3ファスナー取り替え

ジッパーの先っぽが使い込んでちぎれてしまったものを

お客さんが用意してくださったビンテージジッパーに新しく交換していきます。

ファスナーの壊れ方で今回の様な先っぽのパーツとテープがちぎれてしまったり

レールのコマがとんでなくなったものやテープがすれてちぎれかけてたり

ちぎれてしまったものは新しく交換しないとジッパーの寿命なんでどうすることもできません。

お客さんの質問でテープがちぎれかけてるから補強して欲しいとのことを言われますが

もしテープを補強しますと厚みでスライダーが上下出来なくなり

無理やり動かすとテープとレールが完全にちぎれてしまいます。

ファスナーはある程度使い込んでしまいますとスライダーを上下した分、

レールの脇のテープ部分がこすれて生地が少しずつ減っていきますので

テープがちぎれかけてたり、ちぎれてしまったものはファスナー全てを交換しないと仕方ありません。

レールのコマがとんでしまってるものやファスナーの先っぽのパーツが取れたものなど

その様な壊れ方をしたファスナーは取り替え以外に直す方法はありません。

1枚目はファスナーの先っぽが壊れてしまったB-3フライトジャケットです。

2枚目はファスナーの先っぽ部分が使い込んでテープからちぎれてしまった後の写真です。

3枚目はお客さんが用意してくださったタロンのビンテージジッパーです。

こちらで用意できるファスナーはYKKさんのものになります。

タロンやコンマーやクラウンや海外のいろんなメーカーがありますが

こちらではYKKのメーカーしか用意できませんので海外のメーカーのものは

お客さんで用意くださいね。

フライトジャケット用のビンテージジッパーはミリタリーショップMASHさんで販売はしてます。

MASHさんのサイトをお客さんで見て頂いてMASHさんに問い合わせて頂ければ幸いです。

4枚目はB-3フライトジャケットからファスナーを外した後の写真です。

5枚目はB-3フライトジャケットから取り外された壊れたファスナーの写真です。

6枚目は壊れたファスナーと新しいファスナーの長さが違いますので同じ長さに短くしていきます。

7枚目は長さを合わせてコマをカットした後のファスナーの写真です。

8枚目はストッパーのUカンを取り付けてテールをカットした後の写真です。

9枚目は新しいビンテージジッパーをB-3フライトジャケットに取り付けた後の写真です。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。