G-1 フライトジャケット ニットパーツ交換 ワッペン付け直し

昨日もジャケットの直しをしていましたが、最近までは

黒いジャケットばかりだったのが別の色も増え出しました。

たまに、直しで同じ物が別のお客さんから繰り返しで来ることがありますが、

どうやら、黒のジャケットの依頼のブームは去りつつあります。

この前まで作業に入る前のジャケットが順番に机の上に置かれてたんですが、

黒々していた机がいろんな色のジャケットが置かれるようになってカラフルです。

黒はあわせやすくていいのですが、そろそろ違う色のジャケットも直したかったんで

いいタイミングでお客さんが直しを持ってきてくださってよかったです。

今回はG-1フライトジャケットのニットパーツの交換とワッペン付けです。

東京からの郵送のお客さんで荷物と一緒に取り付けたいワッペンと

後期用のG-1のリブニットのセットとメモに用意したリブニットのセットに交換したいことと

ワッペンの取り付け位置がことらに分かりやすい写真に位置を記載してありました。

jaket1423-1

1枚目は東京からの郵送の袖と裾のリブ交換とお客さんの好みのワッペンを付けていく前です。

jaket1423-2

2枚目は袖と裾の取り替える前の写真です。

jaket1423-3

3枚目は胸と肩に縫い付けるワッペンです。

jaket1423-4

4枚目はお客さんがミリタリーショップ MASHさんで通販された

G-1フライトジャケット用後期のリブです。(税込み3564円)

jaket1423-5

5枚目は袖と裾のリブを取り外した後です。

jaket1423-6

6枚目は取り外した後のリブです。

jaket1423-7

7枚目はリブを取り外して裏地と表のレザーが外れてるので裏地に貫通しないように

ワッペンを縫い付けていきます。

jaket1423-8

8枚目はお客さんの指定の位置にワッペンを縫い付けた後です。

jaket1423-9

9枚目は袖と裾のリブも新しい物に取り替えた後です。

jaket1423-10

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金はリブ交換とワッペン付けで16500円です。

東京への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万以上432円)はお客さん負担です。