ジャケット

長い袖丈のGジャンをお客さんの好みの長さに短くリサイズ デニムジャケット袖丈縮め修理

長い袖丈のGジャンをお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は大分県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を4㎝短くしたいことが書いてありました。

今回のGジャンの袖丈の直しは肩側のアームホールの縫い目を外して袖のパーツの上の生地の袖山をカットして袖丈を短くしていきます。

Gジャンの場合は袖先からも袖丈を変更することもありますが袖のカフス上のスリットにリベットが打ち込まれてるものは構造上

袖先からは袖丈は短く出来ませんので今回の様に袖山からの作業になりますが

袖山からの場合は短く出来る限界が胴体側のアームホールの縫いしろとの関係もありますので4~5㎝までになります。

1枚目は大分県からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のGジャンです。

2枚目は袖山から袖丈を短くしていきますので左右の袖のパーツを外した後の写真です。

3枚目は袖山から袖丈を短くしていく前の左右の袖のパーツで

写真でも解ると思いますが袖先のカフス上のスリットの重なる位置にリベットが付いてますので

このリベットは外すことは出来ませんのでこの様なデザインのものは袖山からの丈直しになります。

4枚目は袖山からデニム生地をカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山からデニム生地をカットして袖丈を短くした後です。

6枚目は袖山から袖丈を短くした後の左右の袖のパーツです。

7枚目は8枚目との比較で袖丈を短くしていく前のGジャンです。

8枚目は袖丈を短くした後のGジャンです。

9枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

大分県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。

ブランドの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理前のページ

大きいサイズのSTUSSYポロシャツをお客さんの好みの大きさのTシャツを見本に小さくリサイズ ポロシャツ寸法詰め直し次のページ

関連記事

  1. ジャケット

    L-2B フライトジャケット ニットパーツ交換直し

    昨日は疲れがたまったまま朝の5時に起きて兵庫県の西脇市のパイン…

  2. ジャケット

    大きいサイズのリーのGジャンをお客さんの好みのサイズに小さくリサイズ デニムジャケット寸法詰め直し

    大きいサイズのリーのGジャンをお客さんの好みのサイズに小さくサイズして…

  3. ジャケット

    破れてしまったG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換 G-1リブ直し

    使い込んで古くなって破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新…

  4. ジャケット

    ルイスレザーのジャケットの長い着丈を短くリサイズ 革ジャン着丈直し

    ルイスレザーの着丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。…

  5. ジャケット

    Lewis Leathers 裏地張替 直し

    今回はルイスレザーの左右の袖の裏地の張替をしていきます。よくあ…

  6. ジャケット

    666 レザーウェア 裏地交換直し

    今回は666レザーウェアの胴体のキルティングの裏地をサテン地の裏地に交…

PAGE TOP