大きいサイズのHERCULESのカバーオールをお客さんの気に入ったサイズのジャケットに合わせて小さくリサイズ カバーオール寸法詰め直し

大きいサイズのヘラクレスのカバーオールをお客さんの気に入ったサイズのジャケットをお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は福島県からの郵送のお客さんで荷物に見本と大きいサイズと書いたシールを貼ったカバーオールとジャケットが

こちらが解る様に入ってて同封されたメモに見本に合わせてサイズダウンがしたいことが書いてありました。

カバーオールの場合はデニム生地なんで色落ちがしていて着丈を変更しますと裾のポケットを外して付け直す場合は

元々付いてたポケットの位置の生地が色落ちしてませんのでポケットの形に青々と色が残ってますので

デニム生地のカバーオールの着丈直しは山他方がいいと思います。

今回のお客さんも発送前に電話での問い合わせだったんでデニム生地のカバーオールは

着丈は変更しない方がいいことを説明してお客さんに理解して頂いてからの作業になります。

1枚目は福島県からの郵送のお客さんの大きいサイズのヘラクレスのカバーオールです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのバブアーのジャケットの見本です。

3枚目は脇から袖先にかけての縫い目を外していく前の写真です。

4枚目はサイドの縫い目を外してアームホールの縫い目を外した後のカバーオールの胴体です。

5枚目は前身ごろの脇から裾のサイドの幅を見本の幅に合う様に生地をカットしていきます。

6枚目は前身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

7枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットしていく前の写真です。

8枚目は後ろ身ごろの脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

9枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせて生地をカットしていきます。

10枚目は肩幅の生地を見本の幅になる様に生地をカットした後です。

11枚目はカバーオールの胴体んぼ肩幅、身幅、裾幅の生地をカットした後です。

12枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

13枚目は袖山から長い袖丈を短くしていきます。

14枚目は長い袖丈を見本の長さに合う様に生地をカットした後です。

15枚目は袖幅を見本の幅に合う様に生地をカットしていきます。

16枚目は袖丈を見本の幅に合う様に生地をカットした後の写真です。

17枚目は19枚目との比較でサイズダウン前のカバーオールの写真です。

18枚目は見本のジャケットの同じアングルの写真です。

19枚目はサイズダウン後のカバーオールの写真です。

20枚目は作業終了後です。

この作業の料金は15000円です。

福島県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。