プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本に小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本でお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物に大きいサイズと見本と書いた袋にこちらが解りやすいように別々に入れて頂いていて

同封されたメモに見本のサイズに大きいサイズのTシャツを小さくしたいことが書いてありました。

郵送でも来店でもTシャツのサイズダウンの場合はお客さんの好みのサイズのTシャツを貸して頂かないと作業で出来ません。

ジャケットやシャツでもそうなんですが、同じMでもメーカーやその年年のコンセプトでサイズ感は全く違います。

Tシャツは伸びる生地なのと形も様々なものが多いので宜雄理解いただければ幸いです。

また、サイズダウンの作業が出来ない位置やデザインがあります。

首周りを大きくしたり小さくしたりは出来ません。

立体裁断のような斜めに縫い目のパターンがあるものやシームレスミシンで縫われてるものは作業が出来ません。

プリントが端にあったり縫い目をまたいでるものも生地をカットするときに中途半端にプリントをカットして

組み直すことになりますのでサイズダウンは出来ません。

これからTシャツのサイズダウンをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんのサイズを小さくしていく前のTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいサイズのTシャツを小さくしていきます。

3枚目は胴体から見本のサイズダウンに合わせて生地をカットしていきますので左右の袖のパーツを外した後です。

4枚目は脇から裾のサイドの身幅から裾幅を見本の幅に合わせて生地をカットしていきます。

5枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

6枚目は肩幅を見本の幅に合う様に生地をカットしていきます。

7枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

8枚目は着丈以外の胴体の肩幅、身幅、裾幅の生地をカットした後です。

9枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

10枚目は袖のパーツを見本の幅に合う様に生地をカットしていきます。

11枚目は袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

12枚目はサイズダウン後の左右の袖のパーツです。

この後、胴体に組み直していきます。

13枚目は長い着丈を見本の長さに合う様に裾の生地をカットしていきます。

14枚目は長い裾の生地をカットした後の写真です。

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。