プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズのTシャツを見本に小さくリサイズ tシャツ寸法詰め直し

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの好みのサイズのTシャツを見本に小さくリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物と一緒に大きいサイズと見本と書いた貼り紙を貼って

こちらに分かる様にして頂いて同封されたメモに大きいサイズのTシャツを見本のサイズに合わせてサイズダウンをしたいことが書いてありました。

Tシャツのサイズダウンで出来ない位置や縫い方がありまして、

肩幅、身幅、袖幅、袖丈、着丈のサイズダウンは出来ますが、首周りを大きくしたり小さくしたりは出来ません。

また、立体裁断のようなパターンが斜めに縫われてるものやシームレスミシンで縫われてるものはサイズダウンは出来ません。

あと、プリントが端の方にあったり縫い目の上にプリントされてるものはサイズダウンの時に生地をカットして

プリントがカットされ組み直すとずれたりプリントが中途半端になくなりますのでそのような場合もサイズダウンは出来ません。

Tシャツのサイズダウンをお考えでサイズを小さく出来るかわからない場合は画像をこちらに分かる様にメール頂ければ幸いです。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんのサイズを小さくしていく前のTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズの見本のTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測ってサイズダウンをしていきます。

3枚目は見本のTシャツと大きいサイズのTシャツの着丈が縫いしろを入れると裾の縫い目をほどかないと

縫い目の上をカットすると着丈が短く仕上がりますのでばらしていく前の写真です。

4枚目は裾の縫い目をほどいた後の写真です。

5枚目は左右の袖のパーツもばらした後の写真です。

6枚目は脇から裾のサイドの生地を身幅から裾幅をカットしていきます。

7枚目は脇から裾のサイドの生地をカットした後の写真です。

8枚目は肩幅の生地をカットしていく前の写真です。

9枚目は肩幅の生地をカットした後の写真です。

10枚目は着丈以外の肩幅、身幅、裾幅を見本の幅に合う様にカットした後の胴体です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

12枚目は袖のパーツをカットしていく前の写真です。

13枚目は袖のパーツをカットした後の写真です。

14枚目は左右の袖のパーツのサイズダウン後の写真です。

15枚目は着丈を短くするのに裾の生地をカットしていきます。

16枚目は裾の生地をカットした後の写真です。

17枚目は作業終了後です。

この作業の料金は3000円です。

東京都への郵送なので送料、代引き手数料(合計金額1万円以下330円)はお客さん負担です。