プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをサイズの気に入ったTシャツを見本に小さくリサイズ tシャツ寸法縮め修理

プリントの気に入ってる大きいサイズのTシャツをお客さんの気に入ったサイズのTシャツを見本にお借りして小さくリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんでプリントは気に入ってるけどサイズの大きいTシャツと気に入ったサイズのTシャツを持ってこられました。

よく来られるお客さんでTシャツのサイズダウンの仕上がりのイメージも解られてるので問題なく作業を進めていけました。

来店の場合は店舗の入ってるビルの構造がややこしいので初めて来られるお客さんは必ずこのサイトのトップページ上の

店舗案内からアクセスマップを見て来ていただければ幸いです。

店舗の入ってるビルには2つエレベーターがあるのですが、

ローストビーフ丼屋さんのレッドロックの券売機の前のエレベーターはビルの構造上3階までしか上がれません。

よく3階から上に行けないと電話がかかってきますのでそのエレベータには乗らずに1階の奥の角に

鍵のかかった黒い扉があり右横にオートロックのインターホンがありますので503で呼び出しボタンを押して頂くと

鍵が開いて中に5階まで上がれるエレベーターがありますのでそちらで来ていただければ幸いです。

店舗の入ってるビルがややこしい構造なので初めて来られるお客さんは必ず店舗案内からアクセスマップを見て頂ければ迷わずに来やすいと思います。

1枚目は来店されたお客さんの大きいサイズのTシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ってるサイズの見本のTシャツで

この肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈を測って大きいTシャツのサイズを小さくしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツをアームホールの縫い目からばらした後のTシャツの胴体です。

4枚目は脇から裾のサイドの身幅から裾幅を見本のTシャツの幅に合う様に生地をカットした後の写真です。

5枚目は肩幅の生地を見本の幅に合わせてカットしていきます。

6枚目は肩幅の生地を見本の幅に合う様にカットした後の写真です。

7枚目はTシャツの胴体の着丈以外の肩幅、身幅、裾幅を見本のTシャツに合わせて生地をカットした後です。

8枚目は左右の袖のパーツのサイズを小さく変更していきます。

9枚目は袖のパーツの生地を見本の幅に合わせてカットしていきます。

10枚目は袖のパーツの生地を見本の幅に合わせてカットした後の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズを小さく変更した後の写真です。

この後、カットをした胴体に組み直していきます。

12枚目は長い着丈を見本の長さに合わせて裾の生地を短くカットしていきます。

13枚目はTシャツの着丈を見本の長さになる様に裾の生地をカットした後の写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。