大きいサイズのTシャツを気に入ったサイズのTシャツに合わせて小さくリサイズ Tシャツ寸法直し

サイズのかなり大きいTシャツをお客さんの好みのサイズの

Tシャツをお借りして小さくリサイズしていきます。

今回のサイズダウンをしていくTシャツと見本で貸して頂いたTシャツとの差が

かなりありましてプリントのセンターにあるだけなんで身幅を比較しますと

かなり幅が違いますので見本のデザインに合わせてアームホールのラインも

同じ脇の高さの位置から生地をカットしていけまし、

プリントをセンターにかなり幅がありますので寄れていても

幅が十分にあり生地をセンター基準んでカット出来て作業もやりやすいし仕上がりも綺麗です。

逆に作業がやりにくいのは肩幅を見本とサイズダウンのTシャツとの差があるのに対して

身幅は差ほど変更がない場合はアームホールの脇の位置が上げられないのに

肩幅をカットすることによってアームホールの縫い目が長くなってしまい

袖のパーツの長さも同じ様に長く取らなければならなかったり

寄れてるのにプリントのセンターからのカットする幅がない場合などは作業がやりにくいです。

1枚目は大きいサイズのTシャツでお客さんの気に入ったサイズのTシャツを

基準に肩幅、身幅、裾幅、袖幅、袖丈、着丈のサイズダウンしていきます。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのTシャツでこのサイズを計っていきます。

3枚目は長い着丈を2枚目のTシャツの長さに仕上げの時になる様に生地を短くカットしていきます。

4枚目は長い着丈を2枚目のTシャツに合わせて生地を短くカットした後です。

5枚目は着丈をカットした後に左右の袖のパーツを縫い目から外した後です。

6枚目は脇から裾のサイドの生地をセンターのプリントを基準にカットしていきます。

7枚目は脇から裾の余分な生地を2枚目のTシャツの幅に合わせてカットした後です。

8枚目は肩幅を2枚目のTシャツに合わせてアームホールのラインと一緒にカットしていきます。

9枚目は2枚目のTシャツの肩幅とアームホールのラインを合わせて生地をカットした後の写真です。

10枚目は大きいTシャツの胴体の肩幅と身幅と裾幅と着丈を

2枚目のTシャツのサイズ感に合わせて生地をカットした後の写真です。

11枚目は左右の袖のパーツを2枚目のTシャツを見本に合わせて生地をカットしていきます。

12枚目は袖のパーツを2枚目のTシャツの形に合わせて余分な生地をカットしていきます。

13枚目は2枚目のTシャツの幅に合わせて袖のパーツの生地をカットした後の写真です。

14枚目は作業終了後です。

この作業の料金は2500円です。