大きいサイズのミリタリーシャツをお客さんの気に入ったシャツに合わせて小さくリサイズ シャツ寸法詰め直し

大きいサイズのミリタリーシャツをお客さんの気に入ったサイズ感のシャツをお借りして小さくしていきます。

今回は埼玉県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに気に入ったサイズのシャツを見本に

サイズの大きいミリタリーシャツを小さくリサイズしたいことが書いてありました。

郵送の場合のサイズダウンはお客さんの気に入ったサイズのシャツを見本でお借りするのが

こちらとしてはお客さんのサイズ感が見本を計って解りますので作業は一番やりやすいです。

シャツの場合はTシャツとは違い伸びない生地がほとんどなので見本のシャツがなくても

現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈、着丈)を計ってくださって

仕上がりサイズを現状のサイズの位置と同じ様に書いてくだされば作業が出来ますが

現状のサイズがなく仕上がりサイズだけを書いて頂くと

お客さんがどの位置を計られたのかこちらが解らないのと

仕上がりサイズだけで例えば身幅を2㎝細くしたいと書かれたりしますと

円周で2㎝なのか、平置きで2㎝なのか、片側で2㎝なのか、左右で2㎝なのか、

こちらが解りませんので必ず現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂ければ作業は出来ます。

これからシャツのサイズダウンをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は埼玉県からの郵送のお客さんの大きいサイズのミリタリーシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズのシャツで

このシャツの肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈、着丈を計ってサイズダウンをしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外して胴体のサイドの縫い目を外して

脇から裾の前身ごろから見本に合わせて生地をカットしていきます。

4枚目はシャツの胴体の脇から裾の前身ごろの生地をカットした後の写真です。

5枚目はシャツの胴体の後ろ身ごろの脇から裾の生地をカットしていく前の写真です。

6枚目は後ろ身ごろの脇から裾の生地をカットした後の写真です。

7枚目は肩幅を見本のシャツの幅に合わせていきますが写真でも解る様に

エポレットが付いてますのでエポレットも外して肩幅と同じ幅をカットしてから取り付けます。

8枚目は肩からエポレットを取り外した後の写真です。

9枚目は見本のシャツの肩幅に合わせて生地とエポレットもカットした後の写真です。

10枚目は袖丈は肩幅をカットした分で見本のシャツの長さと同じになったんで

脇から肘にかけての腕の幅を細くしていきます。

11枚目は脇から肘にかけての生地を見本に合わせてカットした後の写真です。

12枚目は着丈を見本に合わせて生地をカットしていきます。

カットした後の写真を撮り忘れたんで着丈の直しは次の写真では終わってます。

13枚目は作業終了後です。

この作業の料金は8000円です。

埼玉県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以下324円)はお客さん負担です。