大きいRalph Laurenのシャツを小さくリサイズ ラルフローレンシャツ寸法詰め直し

ラルフローレンの大きいサイズのシャツを小さくリサイズしていきます。

茨城県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にお客さんの気に入ったサイズ感のシャツと

同封されたメモに見本のシャツに合わせて大きいシャツを小さくサイズダウンしたいことが書いてありました。

郵送の場合は今回の様にお客さんの気に入ったシャツを送ってくだされば

見本のシャツの肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈、着丈の長さを計って

デザインにもよりますがある程度のサイズ感に近づけることは出来ます。

今回のシャツは見本と大きいサイズのシャツの身幅がかなり違ったんで

アームホールのカットのラインがかなり自由があり見本と同じアームホールのラインに出来ました。

サイズダウンで困るのが身幅をあまり変更しないのに肩幅を大幅に変更されたりしますと

胴体のアームホールの縫いしろが従来のアームホールの縫いしろより肩幅をカットする分、

広がってしまい袖のパーツの長さは従来の幅以上には広げれられませんので

組めなくなりますので今回の様に身幅を大きく変更できるものはアームホールの縫いしろも

かなり縮まりますのでサイズダウンするにあたって同じ様なラインでカット出来ます。

1枚目は茨城県からの郵送のお客さんのラルフローレンの大きいサイズのシャツです。

2枚目はお客さんの気に入ったサイズ感のシャツで

このシャツの肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈、着丈を計ってサイズダウンしていきます。

3枚目は左右の袖のパーツを外した後のシャツの胴体の写真です。

4枚目は胴体の前身ごろの脇から裾のラインを細くするのに生地をカットしていきます。

5枚目は前身ごろの脇から裾の幅生地をカットした後の写真です。

6枚目は後ろ身ごろの脇から裾の幅の生地をカットしていく前の写真です。

7枚目は後ろ身ごろの脇から裾の幅の生地をカットした後の写真です。

8枚目は身幅を大きく縮められたので見本に合わせて肩幅の生地をカットして

アームホールのラインを合わせていきます。

9枚目は肩幅の余分な生地をカットした後の写真です。

10枚目は着丈以外のサイズを変更して生地をカットした後のシャツの胴体です。

11枚目は左右の袖のパーツのサイズダウンをしていきます。

12枚目は袖丈は肩幅を縮めたことで見本と同じ長さになったので

脇から肘辺りまでの生地をカットして腕の幅を細く仕上げていきます。

13枚目は脇から肘辺りまでを見本の花に合わせて袖先にかけて戻して生地をカットした後の写真です。

14枚目は着丈を見本担わせて生地をカットして短くしていきます。

15枚目は着丈を見本に合わせて生地をカットした後の写真です。

16枚目は18枚目のサイズダウン後の比較でサイズダウン前のシャツで

17枚目が見本の同じアングルで撮ったシャツです。

17枚目はサイズを合わせた見本のシャツの写真です。

18枚目はサイズダウン後のシャツの写真です。

19枚目は作業終了後です。

この作業の料金は10000円です。

茨城県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万以下324円)はお客さん負担です。