長い袖丈のショットのライダースジャケットを短くして腕の幅を細くリサイズ 革ジャン袖丈縮め腕幅修理

長い袖丈のライダースジャケットをお客さんの好みの長さに短くして腕の幅も細くリサイズしていきます。

今回は来店されたお客さんでライダースジャケットをお店で着て頂いて長さを測って肩口から短くしていきました。

ショットのライダースジャケットは脇に別パーツが付いてるものが多いのですが、

今回のデザインはロンジャンの様に袖に別パーツが付いていませんでした。

別パーツが付いてるものと付いていないものでは袖丈を短くしていく料金は変わります。

今回は脇にパーツが付いていないのでルイスレザーズでよくあるデザインのものと同じ料金で袖丈を短くしていきます。

腕の幅はお客さんの動ける範囲内で二の腕から肘当たりの幅を細くしていきます。

1枚目は来店されたお客さんの長い袖丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを外した後の胴体の写真です。

3枚目は胴体の縫い目から取り外した後の左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山から袖丈を短くしていきますので表のレザー部分をカットしていきます。

5枚目は袖山からレザーをカットして袖丈を短くした後の写真です。

6枚目は裏地の袖のパーツも表のレザー部分と同じ長さを短くしていきます。

7枚目は裏地の袖山から表のレザー部分と同じ長さを短くした後の写真です。

8枚目は腕の幅を二の腕から肘辺りを細くしていく前の写真です。

9枚目は二の腕から肘辺りの腕の幅を細くした後の写真です。

10枚目は左右の袖のパーツの袖丈を短くして腕の幅を細くした後の写真です。

この後、胴体の縫い目に組み直して完成です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は17000円です。