長い袖丈のライダースジャケットを短くリサイズ 革ジャン袖丈詰め直し

長い袖丈のライダースジャケットを袖先から短くしていきます。

今回は来店されたお客さんで袖丈を短くする長さが5㎝以上短くしないとお客さんの好みの長さにならないので

胴体の縫い目のアームホールから外して袖山を短くするのではなく袖先から短くしていきます。

袖山から袖丈を短くする場合は胴体のアームホールの縫いしろの距離の関係で短く出来るのは4~5㎝までですが

仕上がりのラインが肘から袖先の長さが変更されませんので自然な仕上がりになります。

袖先からの場合は肘から袖先の長さが短くなりますので仕上がりは袖山からよりは不自然ですが

短く出来る長さの制限がコインポケットやデザイン上、袖先のファスナーを移動できない状況以外は何㎝でも短く出来ます。

今回は肘から袖先のカーブのライン重視より袖丈がかなり長いので袖丈を重視いて短くしていきます。

来店されるお客さんは洋服直しテキーラのお店があるビルがややこしい構造をしてますので

必ずサイトのトップページ上の店舗案内からアクセスマップを見て来店くだされば幸いです。

1枚目は長い袖丈を袖先から短くしていく前のライダースジャケットです。

2枚目は袖先のファスナーのパーツをばらして短くしていきます。

3枚目は反対側にひっくり返した裏地の袖先の写真です。

裏地を外して袖先のファスナーのパーツもばらしていきます。

4枚目は裏地を袖先の縫い目から外した後です。

5枚目は裏地の袖先の生地を短くカットしていく前の写真です。

6枚目は袖先の生地をカットした後の写真です。

7枚目は表の袖先のファスナーのパーツを外した後の写真です。

8枚目は袖先のレザーをカットする前にファスナーのパーツを取り付ける位置を袖丈分上にカットしていきます。

9枚目は袖先をカットする分、ファスナーのパーツを付けれるようにレザーをカットした後です。

10枚目は袖先のレザーをカットして袖丈を短くしていきます。

11枚目は袖先のレザーをカットした後の写真です。

12枚目は袖先を短くした後のファスナーのパーツを取り付けた後です。

袖先をカットして袖幅が広がったんで元の袖先の幅に直しながら組み直していきます。

13枚目は袖先の幅を元元の幅に直して裏地も組み直した後です。

14枚目は15枚目との比較で袖丈を袖先から短くしていく前の写真です。

15枚目は袖丈を袖先から短くした後の写真です。

16枚目は作業終了後です。

この作業の料金は14000円です。