破れてしまったライダースジャケットの裏地を新しい生地に交換 革ジャン裏地直し

使ってて破れてしまったライダースジャケットの裏地を交換していきます。

今回のライダースジャケットの裏地交換は元々付いてたのは

胴体側も袖のパーツもキルティング(サテン生地の綿付)の裏地でしたが

胴体はキルティングの新しい生地を使って袖の裏地は綿なしのサテン生地に交換していきます。

腕周りを細く見せたい場合は綿の入ってるキルティングの生地よりも

綿の入っていないサテン生地の方が腕のラインを細く見えます。

ただ、腕の保温性は綿が入ってない分なくなります。

愛媛県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにライダースジャケットの裏地を新しく交換したいことと

胴体の裏地を綿の入ったキルティングの生地にして袖の裏地を綿のないサテン生地で色は

胴体も袖も黒で交換したいことが書いてありました。

jaket1796-1

1枚目は愛媛県からの郵送のお客さんの使っていて裏地がぼろぼろになったライダースジャケットです。

jaket1796-2

2枚目はキルティングの綿が抜け落ちてしまい、所々破れてる裏地の写真です。

jaket1796-3

3枚目は裏地の胸にポケットが付いてますので、

このポケットのパーツを外して新しい裏地に取り付けていきます。

jaket1796-4

4枚目は裏地を外した後のライダースジャケットの写真です。

jaket1796-5

5枚目はライダースジャケットから取り外された裏地の写真です。

jaket1796-6

6枚目は左右の袖のパーツを外して胴体側を新しいキルティングの生地に作り直していきます。

jaket1796-7

7枚目は胴体の裏地に使う新しいキルティングの生地です。

jaket1796-8

8枚目はブランドタグと脇のレザーのパーツと内ポケットのパーツを外して

新しく作り直す裏地に同じ様に取り付けていきます。

jaket1796-9

7枚目は元の裏地から取り外されたパーツです。

jaket1796-10

8枚目は元の背中の裏地から型を取って新しいキルティングで背中のパーツを作っていきます。

jaket1796-12

9枚目はキルティングの生地でさなかのパーツを作った後です。

jaket1796-11

10枚目は胴体の前身ごろの裏地の型を取っていきます。

jaket1796-13

11枚目は新しいくるてぃんぐの生地で裏地を作った後です。

jaket1796-14

12枚目は内ポケット側の裏地も同じ様にカットしていきます。

jaket1796-15

13枚目は裏地の型を取った後です。

jaket1796-16

14枚目は内ポケットを同じ様に取り付けた後です。

jaket1796-17

15枚目は背中のブランドタグを取り付けた後です。

jaket1796-18

16枚目は脇も同じ様に革のパーツを取り付けていきます。

jaket1796-19

17枚目は脇の革のパーツを取り付けた後です。

jaket1796-20

18枚目は袖のパーツはサテン生地で新しく作り直していきます。

jaket1796-21

19枚目は新しい袖の裏地に使うサテン生地です。

jaket1796-22

20枚目は裏地の外側のパーツの型を取っていきます。

jaket1796-23

21枚目は新しいサテン生地で裏地の型を取った後です。

jaket1796-24

22枚目は内側の袖のパーツの型を取っていきます。

jaket1796-25

23枚目は新しいサテン生地で内側の袖のパーツを作り直した後です。

jaket1796-26

24枚目はライダースジャケットに新しく裏地を取り付けた後の写真です。

jaket1796-27

25枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円と生地代が3564円です。

愛媛県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。