Barbour オイルドジャケット 袖丈詰め直し

今回はバブアーのオイルドジャケットの袖丈を短く縮めていく直しです。

バブアーのオイルドジャケットはラグランタイプのジャケットで

肩から袖のパーツを取ることは出来ません。

ただ、袖先がファスナーばついてる様なタイプではないので

袖先から袖丈を短くしてカットして袖幅が広がった分を

また、同じ幅に袖先の幅を仕上げて組み直す作業になります。

今回のバブアーのジャケットは表の袖丈を直すより裏地にリブニットが付いてますので

裏地の方が作業的に時間がかかります。

佐賀県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を短くしたいことが書いてありました。

jaket1562-1

1枚目は佐賀県からの郵送のお客さんの袖丈を

短くしていくバブアーのオイルドジャケットです。

jaket1562-2

2枚目は袖先の裏地と表地の縫い目を外した後の写真です。

jaket1562-3

3枚目は表の袖先をカットしていく前の写真です。

jaket1562-4

4枚目は袖先をカットした後の写真です。

カットした袖先をひっくり返してカットした分袖幅が広がってる比較が出来ると思います。

このカットした分の広がった袖幅を同じ袖先の幅に直していきます。

jaket1562-5

5枚目は袖先と同じ幅に合わせた後の写真です。

カットした袖先と同じ幅になったのが分かると思います。

jaket1562-6

6枚目は裏地の袖丈を短くしていく前の写真です。

jaket1562-7

7枚目は袖先のリブニットが付いてるパーツを外して

裏地の上の部分をカットした後の写真です。

jaket1562-8

8枚目はカットして幅を合わせて組み直した後の写真です。

jaket1562-9

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くする前の写真です。

jaket1562-10

10枚目は袖丈を短くカットした後の写真です。

jaket1562-11

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

佐賀県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。