schott レザージャケット袖丈直し

海外のブランドの洋服は袖丈が日本人には長いのが多いです。

今回はショットのライダースジャケットの袖丈直しです。

jaket1155-1

1枚目はライダースジャケットの全体の写真です。

jaket1155-2

2枚目は袖丈がお客さんに合ってなく長さを短くする前です。

jaket1155-3

3枚目はライダースジャケットは袖にファスナーが付いてますので、

袖丈を変えてファスナーの長さが短くなったり、

丈直し袖を上げた分、袖幅が広がったりしてバランスが悪くならない様に

肩側の腕のパーツを外して二の腕の方から短くして組み直しました。

結果的に袖幅や袖のファスナーの長さや幅はオリジナルのままで袖丈が短くなります。

この直しの場合アームホールが若干狭くなりますので、

アームホールが窮屈な場合は袖のファスナーを外して袖幅も細くして袖丈を詰める方法もあります。

今回の肩側からの袖丈直しの料金は裏地付きのジャケットなんで10000円です。