大きいサイズのレザージャケットを小さくリサイズ 革ジャン寸法直し

大きいサイズのレザージャケットを小さくリサイズしていきます。

今回は熊本県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにレザージャケットをサイズダウンしたいことと

現状のサイズと仕上がりサイズが書いてありました。

発送前にお客さんから問い合わせがありまして見本になるジャケットがなく郵送とのことだったんで

現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂きました。

仕上がりサイズだけですと郵送の場合はお客さんが微妙などこの位置を計ったのかこちらが解りませんので

現状のサイズを書いて頂ければお客さんが計った同じ位置が長さを合わせれるので解りますが

仕上がりサイズだけですとお客さんがどの位置を計られたのか解りませんので

こちらとしては直接お客さんに会って計ってるわけではないので作業として困ります。

今回の郵送のお客さんとは関係ないのですがメーカーのサイズ表記をコピーしたものを

送られるお客さんがいますがメーカーのサイズ表記とと実寸はずれてる場合が多いのと

こちらが知りたい幅が書かれてない場合がありますので郵送の場合は

必ずサンプルになるジャケットを貸してくださるか現状のサイズと仕上がりサイズを書いて頂ければ幸いです。

1枚目は熊本県からの郵送のお客さんのサイズダウンをしていくレザージャケットです。

2枚目はサイズダウンをしていくのに左右の袖のパーツを外した後の写真です。

3枚目は脇から裾の幅を細くしていくのに縫い目をばらしていきます。

4枚目は脇から裾の縫い目をばらした後の写真です。

5枚目は脇から裾のレザーの幅を細くするのに裾のベルトを外してカットしていきます。

6枚目は脇から裾のサイドのレザーをカットした後の写真です。

7枚目は裾幅に合わせて裾のベルトの長さも同じ様に短くしていきます。

8枚目はベルトの長さを短く仕上げた後の写真です。

9枚目は裏地も表と同じ様に脇から裾の幅を変更していきます。

10枚目は裏地の脇から裾のサイドの縫い目を外した後の写真です。

11枚目は脇から裾の裏地の生地をカットしていきます。

12枚目は裏地の脇から裾の幅を細くするのにカットした後の写真です。

13枚目は表のレザー部分の肩幅をカットしていきます。

14枚目は肩幅をカットした後の写真です。

15枚目は裏地も同じ様に肩幅をカットしていきます。

16枚目は裏地の肩幅の生地をカットした後の写真です。

17枚目は表のレザー部分と裏地のサイズダウンをして組み直した後の写真です。

18枚目はサイズダウン後の胴体の写真です。

19枚目はサイズダウン前の左右の袖のパーツです。

20枚目は袖パーツの二の腕から肘にかけて幅を細く仕上げていきます。

21枚目は二の腕から肘にかけて腕の幅を細くした後の写真です。

22枚目は23枚目との比較でサイズダウン前のレザージャケットです。

23枚目はサイズダウン後のレザージャケットです。

24枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

熊本県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。