G-1フライトジャケットの両袖と腰回りのリブニットと壊れたジッパーを新しいものに交換

G-1フライトジャケットの両袖と腰回りと壊れたジッパーを新しいものに交換していきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物に取り換えていくリブニットのセットとタロンの新しいジッパーが入ってました。

G-1フライトジャケットのリブニットは初期型と後期型に分かれていて今回のG-1フライトジャケットは初期型のモデルです。

ジッパーも初期型の方はコマやスライダーのサイズが後期型より小さいサイズです。

よく説明で書いてますが、後期型のG-1フライトジャケットに初期型のリブニットを

取り付けようとするお客さんがたまにおられるのですが、初期型の腰回りのリブニットの取り付ける縦の長さが

後期型に比べて長く初期型は腰回りのリブニットの織り方が上と下で違いまして

後期型の腰回りの縦の長さが初期型より短いので取り付けると上の織りが微妙にしか見えません。

また、初期型の腰回りのリブニットはA-2やMA-1のような

折り返して取り付けるタイプではないので仕上がりがかなり変な感じになります。

ジッパーも初期型はコマやスライダーのサイズが小さくて後期型は大きくです。

G-1フライトジャケットのリブニットやジッパーの交換をお考えのお客さんは年代に合ったものを付けることをお勧めします。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんの両袖と腰回りとジッパーを交換していく前のG-1フライトジャケットです。

2枚目は荷物の中に入っていた初期型のリブニットのセットです。

写真でも分かると思いますが、腰回りのリブニットの織り方が上と下で違い後期型に比べて縦の長さが長いです。

3枚目はタロンのジッパーです。

ビンテージジッパーはお客さんで用意くださらないとこちらでは用意できません。

4枚目はG-1フライトジャケットに元々付いてる両袖と腰回りのリブニットの写真です。

5枚目は取り外していく前のジッパーの先っぽがちぎれて使えなくなった写真です。

6枚目は腰回りのリブニットを取り外していきます。

7枚目は腰回りのリブニットを取り外した写真です。

8枚目は袖のリブニットを取り外していきます。

9枚目は反対側に引っくり返した袖のリブニットの縫い目です。

10枚目は袖のリブニットを取り外した写真です。

11枚目はG-1フライトジャケットから両袖と腰回りのリブニットを取り外した写真です。

12枚目は壊れたジッパーを取り外していきます。

13枚目は壊れたジッパーを取り外した写真です。

14枚目は取り外したジッパーより新しいジッパーの長さが長いので短くカットしていきます。

15枚目はジッパーの長さを元の長さに合わせて短くした写真です。

16枚目はG-1フライトジャケットに新しいジッパーを取り付けた写真です。

17枚目は腰回りに初期型のリブニットを取り付けた写真です。

18枚目は袖に新しいリブニットを取り付けた写真です。

19枚目は両袖と腰回りとジッパーを取り付けた後のG-1フライトジャケットです。

20枚目は作業終了後です。

この作業の料金は21000円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。