破れてしまったG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換 G-1リブ直し

使い込んで古くなって破れだしたG-1フライトジャケットのリブニットを新しいものに交換していきます。

今回のG-1フライトジャケットのリブニットは

ミリタリーショップMASHさんで販売してるG-1フライトジャケット用の

シールブラウンの後期型のリブニットになります。

G-1フライトジャケットの場合は初期型のリブニットと

後期型のリブニットに分かれますが、袖のリブニットは同じなんですが、

裾のリブニットの形が違います。

後期型はA-2やMA-1と同じで2枚に折り返すタイプで

初期型は裾下約7㎝から編み方が違う1枚もののリブニットになります。

後期型に初期型を付けますと裾のリブを取り付ける幅が約8㎝ぐらいしかないので

上の編み込みの柄が微妙にしか見えなくなり変な感じに仕上がります。

また、これからお客さんでG-1のリブニットを交換する際に参考程度にしてくださいね。

奈良県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにこちらでシールブラウンのリブニットのセットを用意して

新しく袖と腰回りを交換したいことが書いてありました。

1枚目は奈良県からの郵送のお客さんの袖と裾のリブニットを

新しいものに交換していく前のG-1フライトジャケットです。

2枚目は着ていて破れだした袖と裾のリブニットの写真です。

3枚目はミリタリーショップMASHさんで販売しているG-1後期用の

シールブラウンの袖と裾のセット(税込み3564円)です。

4枚目は裾のリブニットをG-1フライトジャケットから外していきます。

5枚目はG-1フライトジャケットから裾のリブニットを外した後です。

6枚目は袖のリブニットを外していく前の写真です。

7枚目は袖のリブニットをG-1フライトジャケットから外した後の写真です。

8枚目は袖と裾の破れたリブニットを外した後のG-1フライトジャケットです。

9枚目は新しい袖と裾のリブニットをG-1フライトジャケットに取り付けた後です。

10枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円とリブニット代が3564円です。

奈良県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。