A-2 フライトジャケット サイズ詰め直し

今回はA-2フライトジャケットのサイズを縮めていく直しです。

A-2は肩にエポレットが付いてまして肩幅を変更するのに

エポレットが肩幅分短くなり外側の縫い目がカットされるのが嫌なお客さんが多いので

エポレットをいったん外して内側の襟部分の方をカットして縫い直していきます。

栃木県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに現状のサイズ(肩幅、身幅、裾幅、腕幅、袖丈)と

仕上がりサイズを書いて頂いてます。

郵送でお客さんの気に入ったジャケットがない場合は仕上がりサイズだけのメモですと

会ったわけではないのでお客さんがどの位置を計られたのか、こちらが分かりませんので

現状のサイズを書いて頂ければこちらで確認できますので

サンプルがない場合はその様にして頂いてます。

jaket1559-1

1枚目は栃木県からの郵送のお客さんのサイズを縮めていくA-2フライトジャケットです。

jaket1559-2

2枚目はサイズを縮めていくのに左右の袖のパーツと裾のリブニットをある程度外した後です。

jaket1559-3

3枚目は身幅を変更するのにサイドを縮めていくんですが、A-2フライトジャケットの場合

脇にはと目の穴が開いてまして、はと目の穴以内かそれ以上を変更するしかできません。

ただ、肩幅のことを今回は説明する考えだったんで

サイドの写真と裏地のサイズダウンの写真を撮り忘れてます。。。

jaket1559-4

4枚目は肩幅を変更していく前の写真です。

このまま肩幅を変えますとエポレットの縫い目のばってんが中途半端にカットされて

仕上がりがおかしくなるんでエポレットをいったん外します。

jaket1559-5

5枚目はエポレットを外した後です。

このエポレットの襟の縫い目のばってんをカットして肩幅を変えれば

内側のばってんの縫い目は中途半端になくなりますが襟で隠れるのであまり目立ちません。

jaket1559-6

6枚目は肩幅とエポレットの内側をカットした後です。

jaket1559-7

7枚目はカットした肩幅にエポレットを組み直した後です。

内側のばってんの縫い目は襟に隠れますので中途半端にカットされてても目立ちません。

jaket1559-8

8枚目は袖のパーツのサイズを変更していく前です。

jaket1559-9

9枚目は袖丈を肩側(袖山)から短くしていく前です。

jaket1559-10

10枚目は袖丈をカットした後です。

先ほども説明しましたが、裏地も同じ様に(エポレットは裏地はありません)作業はしています。

jaket1559-11

11枚目は袖丈を短く変更した後です。

jaket1559-12

12枚目は袖幅をカットした後です。

jaket1559-13

13枚目は14枚目との比較でサイズダウン前の写真です。

jaket1559-14

14枚目はサイズダウン後の写真です。

jaket1559-15

15枚目は作業終了後です。

この作業の料金は28000円です。

栃木県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。