着ていて長いツナギを上のジャケットの方を短くして合わせる つなぎ着丈詰め直し

着ていて長いツナギをパンツの丈ではなく上のジャケットの方から着丈を短くしてお客さんの好みの長さに合わせていきます。

今回は神奈川県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにツナギのジャケット側から着丈を短くしたいことと

パンツ側の股から膝にかけて細くしたいことが書いてありました。

今回のお客さんは発送前に電話での問い合わせがありまして、ツナギをしたのパンツ側の丈直しではなく

上のジャケット側から短くしてパンツ側の太ももの幅を細くしたいとの問い合わせだったんで

ツナギの場合は立った状態だけでジャケット側の着丈を短くしますとかがんだ時に生地に余裕がなくなり肩からお尻にかけて

生地を引っ張るのでかがんだ状態で背中側のセンターの長さを計ってください。

と、伝えて下のパンツはお客さんの気に入ったサイズ感のパンツを貸して頂ければ股から膝までの幅を合わせれます。

と、やり取りがあって送ってこられました。

ツナギの上着の着丈の直しはデザインにもより指定される長さまでサイドにポケットがあったりしますと出来ないこともありますが

今回はサイドにポケットがなかったんで指定の位置まで短くは出来ましたがお客さんとの問い合わせで

ツナギなんできちきちに仕上げるよりは1~2㎝ぐらいのゆとりを持たせた方が動作の時に着心地がいいので

かがんで背中のセンターを計ってもらった数字から1~2㎝どのくらい長くしたいかをメモに書いてください。

と、伝えれ2㎝長く仕上げたいと書いてありました。

郵送の場合はお客さんと直接会うわけではないので、見本になるツナギがない場合はお客さんの書いた数字だけが頼りなんで

ツナギの上のジャケットの着丈を短く直したい場合はお腹側ではなく背中のセンターの生地の余った長さを必ず計って頂ければ幸いです。

1枚目は神奈川県からの郵送のお客さんのツナギを上のジャケットの着丈を短くしていく前の写真です。

2枚目は上のジャケット部分と下のパンツ部分を切り離していきます。

3枚目は上のパーツと下のパーツに切り離した後です。

4枚目は裾の余分な生地をメモに合った数字をカットしていきます。

5枚目はジャケットの着丈をカットした後の写真です。

カットした分、裾幅が広くなったんでパンツ部分と長さが合いませんので

同じ長さになる様に裾幅を細くしてパンツと組み直していきます。

6枚目はパンツの股から膝の幅を見本で貸して頂いたパンツの幅に合わせて細くしていきます。

7枚目はパンツの内側の縫い目をばらして股から膝の生地をカットしていきます。

8枚目はパンツの股から膝の生地をカットした後の写真です。

9枚目はパンツ部分のサイドの幅を細く仕上げた後の写真です。

10枚目は上のパーツと下のパーツを組み直した後の写真です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は12000円です。

神奈川県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。