長い袖丈のライダースジャケットをお客さんの好みの長さに短くリサイズ

長いライダースジャケットの袖丈をお客さんの好みの長さに短くリサイズしていきます。

今回は東京都からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに袖丈を5㎝短くしたいことが書いてありました。

現物を見て袖のパーツのラインが5㎝短くすることは無理なので作業は4㎝短くしていきました。

お客さんとのやり取りで本当は6,5㎝短くしたいそうなんですが、画像を見て出来る長さが4㎝ぐらいだと思うことを返事して

お客さんには出来るだけ短く作業をすることで納得をして頂いて荷物を送って頂きました。

肩口から袖丈を短くするのは胴体側のアームホールの関係で4㎝ぐらい短くするのが限界になります。

また、ジャケットのサイズが丁度いい場合や身幅や腕周りがきつい場合などは袖のパーツを上からカットして取り付けますので

袖幅は袖丈を短くする分、細くなりますので今以上に動かしにくくなります。

身幅や袖幅に余裕がなければ肩口からは袖丈を短くするのはお勧めできません。

来店のお客さんは確認できるのですが、郵送の場合はお客さんと会って実際にジャケットを着てもらうわけではないので

こちらはお客さんのサイズ感が解りませんのでこれから肩口から袖丈を短くすることをお考えのお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は東京都からの郵送のお客さんの袖丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

2枚目は左右の袖のパーツを取り外した胴体の写真です。

3枚目はアームホールの縫い目から取り外した左右の袖のパーツです。

4枚目は袖山からレザー部分をカットして袖丈を短くしていきます。

5枚目は袖山のレザー部分をカットした写真です。

6枚目は裏地側の袖山も表と同じ長さの生地をカットしていきます。

7枚目は裏地側の袖山の生地をカットした写真です。

8枚目は袖山から袖丈を短くした左右の袖のパーツです。

この後、胴体に組み直して完成です。

9枚目は10枚目との比較で袖丈を短くしていく前のライダースジャケットです。

10枚目は袖丈を短く仕上げた後のライダースジャケットです。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は10000円です。

東京都への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上440円)はお客さん負担です。