キルティングの裏地のSCHOTTライダースジャケットを綿のないサテンの裏地生地に交換 革ジャン裏地取り換え

ショットのライダースジャケットの裏地が綿の入ったキルティングのものを綿のないサテン地に交換していきます。

今回は兵庫県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモにこちらで用意した黒の綿が入ってないサテンの裏地に

胴体と袖の全体の裏地を新しく交換したいことが書いてありました。

ジャケットの裏地交換の場合はこちらが解りやすい素材や色の生地などは問題なく用意できますが、

お客さんに生地の素材や色にこだわりがある場合は

お客さんで直接生地屋さんに行って納得をされたものをご自分で見て買われた方がいいと思います。

その場合は事前に電話かメールで問い合わせして購入する生地の幅を伝えてくだされば

生地幅を確認してどれだけの長さを買えばいいか伝えます。

これからジャケットの裏地を交換したいお客さんの参考になればと説明しました。

1枚目は兵庫県からの郵送のお客さんのキルティングの裏地を綿のないサテン地に交換していくライダースジャケットです。

2枚目はこちらで用意したサテン地の新しい生地です。

3枚目はショットのライダースの裏地のキルティングの写真です。

4枚目は襟下にブランドタグが付いてますので取り外して同じ位置に取り付けていきます。

5枚目は裾にもブランドタグと洗濯ネームが付いてますので取り外して同じ位置に取り付けていきます。

6枚目は裾にポケットが付いてますのでこれも外して新しい裏地に取り付けていきます。

7枚目は裏地を外した後のライダースジャケットの写真です。

8枚目はライダースジャケットから取り外した裏地の写真です。

これをばらして新しい生地で形を取っていきます。

9枚目は裾にレザーのパーツも付いてますので、これも外して新しい生地に移植します。

10枚目はばらした裏地の背中のパーツです。

11枚目はブランドタグを取り外していきます。

12枚目はブランドタグを取り外した後の写真です。

13枚目は背中のサテン地で新しく型を取った後の写真です。

14枚目は元の同じ位置にブランドタグを取り付けていきます。

15枚目はブランドタグを取り付けた後の写真です。

16枚目は胴体の前側で裏地からポケットも取り外した後の写真です。

17枚目は新しいサテン地で胴体の前側の形を取った後の写真です。

18枚目はポケットを同じ位置に取り付けた後の写真です。

19枚目は胴体の裾のタグとレザーのパーツを新しい裏地に取り付けた後の写真です。

20枚目は袖のパーツの外側をばらした後の写真です。

21枚目は新しい生地で外側の袖の裏地を作った後です。

22枚目は袖のパーツの内側をばらした後の写真です。

23枚目は新しい生地で作った後の写真です。

裏地のパーツを全てカットしたので縫い付けてライダースジャケットに組み直します。

24枚目は襟下のブランドタグの写真です。

25枚目は裾のポケットとレザーのパーツの写真です。

26枚目は裾のブランとタグと洗濯ネームと裾のレザーのパーツの写真です。

27枚目は作業終了後です。

この作業の料金は30160円です。

兵庫県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計3万円以上648円)はお客さん負担です。