ルイスレザーズのジャケットの裏地をお客さんの気に入った柄の生地に交換 レザージャケット裏地取り換え

ルイスレザーズのジャケットの裏地をお客さんの気に入った柄の生地に新しく交換していきます。

今回は長野県からの郵送のお客さんで荷物にお客さんの好みの柄の胴体用の生地と袖のパーツの裏地の生地が入っていて

同封されたメモに指定した胴体用と袖用の生地を使ってジャケットの裏地を新しく交換したいことが書いてありました。

裏地交換の場合はサテンの黒とかの分かりやすい生地の場合はこちらでも用意出来ますが、

柄や素材にこだわられる場合はお客さんで用意してくださればこちらとしては有り難いです。

その場合の用尺はこちらで説明はします。

また、今回の作業でもお客さんに説明をしましたが胴体側は今回は起毛したヒョウ柄の生地なのですが、

袖のパーツもこの生地を使いますと可動部分なのでサテンのような滑る生地ではないので起毛した生地は引っ掛かりやすく

使ってるうちにサテンの生地より負担が増えて破れやすくなりますので袖のパーツの生地はサテンの生地で交換することになりました。

1枚目は長野県からの郵送のお客さんの裏地を交換していく前のレザージャケットです。

2枚目は胴体側に使っていく起毛したヒョウ柄の生地です。

3枚目は袖側に使っていく赤のサテン生地です。

4枚目は元々付いている裏地を取り外していきます。

5枚目はレザージャケットから裏地を取り外した後の写真です。

6枚目はレザージャケットから取り外した後の裏地の生地の写真です。

ここからばらしてパーツパーツで新しい生地で型をとっていきます。

7枚目は胴体の背中の裏地のパーツです。

8枚目はブランドタグが付いてますので取り外して新しい裏地の同じ位置に取り付けていきます。

9枚目はブランドタグを取り外した後の写真です。

10枚目は新しい生地で背中の裏地を作った写真です。

11枚目は元の裏地と同じ位置にブランドタグを取り付けていきます。

12枚目はブランドタグを取り付けた後の写真です。

13枚目は胴体の前の部分の裏地をばらした後の写真です。

14枚目は新しい生地で作り直した後の写真です。

15枚目は左右の袖のパーツもばらして型をとっていきます。

16枚目は袖のパーツの外側の生地の写真です。

17枚目は新しい生地で作った袖の外側の裏地のパーツです。

18枚目は袖の内側のパーツの方をとっていきます。

19枚目は新しい生地で袖の内側のパーツを作った後の写真です。

この後、カットしたパーツパーツを組んでレザージャケットに組み直していきます。

20枚目は新しい裏地の生地をレザージャケットに組み直した後の写真です。

21枚目は新しい裏地の全体の写真です。

22枚目は背中上の付け直したブランドタグの写真です。

23枚目は脇下に付いてるブランドタグの写真です。

24枚目は作業終了後です。

この作業の料金は25000円です。

長野県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計金額1万円以上432円)はお客さん負担です。