壊れたジッパーのB-15フライトジャケットをクラウンのキャスト制のジップに交換 B-15ジッパー直し

壊れたB-15フライトジャケットのコンマーのジッパーをお客さんが探して購入くださった

クラウンのキャスト制のジッパーに交換していきます。

今回の壊れたファスナーのB-15フライトジャケットは

ジッパーの先のレールのコマがちぎれてしまってるんで

すべてのファスナーを交換しないと直りません。

ファスナーのメーカーはこちらではYKKさんのものしか用意できませんので

お客さんがご自分で気に入ったメーカーのクラウンのキャスト制のジッパーを用意くださったんで

そのジッパーに交換していきます。

岐阜県からの郵送のお客さんで荷物と一緒にメモに用意したクラウンのキャスト製のジッパーに

壊れたフロントジッパーを新しく交換したいことが書いてありました。

1枚目は岐阜県からの郵送のお客さんのB-15フライトジャケットの壊れたジッパーを新しく交換していく前の写真です。

2枚目はコンマーのジッパーが先のレールのコマがちぎれて使いなくなってる写真です。

3枚目はお客さんが用意してくださったクラウンのキャスト制のジッパーです。

4枚目は壊れたコンマーのファスナーとウインドフラップを

B-15フライトジャケットから外した後です。

5枚目は新しいクラウンのジッパーと元のコンマーのジッパーの長さが違いますので

コンマーのジッパーの長さに合わせて短くしていきます。

6枚目は長さを合わせてコマをカットした後の写真です。

7枚目はコマをカットしてキャスト特有のストッパーを取り付けてテープをカットした後です。

8枚目はクラウンの長かったジッパーを同じ長さに合わせた後の写真です。

9枚目はB-15フライトジャケットのファスナーを外した後で、

ここにウインドフラップと新しいファスナーを組み直していきます。

10枚目は新しくクラウンのジッパーをB-15フライトジャケットに取り付けた後です。

11枚目は作業終了後です。

この作業の料金は9000円です。

岐阜県への郵送なんで送料、代引き手数料(合計1万円以上432円)はお客さん負担です。